ホーム > 研究紹介 > トピックス > プレスリリース > プレスリリース 2011年 > 森林の除染実証試験結果について(第二報)の公表

ここから本文です。

プレスリリース平成23年12月27日
独立行政法人森林総合研究所

森林の除染実証試験結果について(第二報)の公表

森林総合研究所は、東京電力福島第一原子力発電所の事故により生じた放射性物質に汚染された森林について、福島県林業研究センターと共同で除染等に向けた取組を進めています。

その一環として福島県郡山市の針葉樹林と落葉広葉樹林において、下草と落葉の除去による森林の除染実証試験を行っており、今般、計画していた実証試験が終了しました。

試験の結果、いずれの森林でも下草と落葉を除去することで、空間線量率は除去前の約6割から7割まで低減しました。また、その効果については、落葉広葉樹林の方が針葉樹林と比べて大きいこと、除去する面積を拡大しても次第に低減効果が緩やかになること、などがわかりました。

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8135

FAX番号:029-873-0844