ホーム > 研究紹介 > トピックス > プレスリリース > プレスリリース 2012年 > 国連環境計画国際生物多様性の日記念シンポジウムのお知らせ 生物多様性からみた森林利用 ―過去、現在、未来―

ここから本文です。

プレスリリース平成24年5月10日
独立行政法人森林総合研究所

国連環境計画国際生物多様性の日記念シンポジウムのお知らせ
 生物多様性からみた森林利用 ―過去、現在、未来―

ポイント

  • 国連環境計画が定める「国際生物多様性の日(5月22日)」を記念して、シンポジウムを開催します。
  • 人間による森林の利用が生物多様性に与える意義や影響について、その歴史、現状、今後の予測に関する講演を行います。 

概要

独立行政法人森林総合研究所は、早稲田大学と共催で、国連環境計画・国際生物多様性の日記念シンポジウム「生物多様性からみた森林利用 ―過去、現在、未来―」を、下記のとおり開催します。


1. 日時:平成24年5月22日(火曜日) 13時~17時
2. 場所:早稲田大学大隈小講堂
3. 内容:別紙のとおり
4. 参加費:無料 

お問い合わせ

独立行政法人 森林総合研究所 理事長 鈴木 和夫
研究推進責任者 :森林総合研究所 研究コーディネータ 牧野 俊一
研究担当者:森林総合研究所 研究コーディネータ 牧野 俊一
広報担当者:森林総合研究所 企画部 研究情報科長 秦野 恭典
 電話番号:029-829-8130   FAX番号:029-873-0844

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。