ホーム > 研究紹介 > トピックス > プレスリリース > プレスリリース 2013年 > 公開シンポジウム 「私たちのくらしと森林・木材の放射能 ―森林総研が解き明かすその実態と今後―」

ここから本文です。

プレスリリース平成25年6月19日
独立行政法人森林総合研究所

公開シンポジウム
 「私たちのくらしと森林・木材の放射能 ―森林総研が解き明かすその実態と今後―」

ポイント

  • 福島県の森林や林産物に及ぼす放射性セシウムの影響を明らかにします。
  • パネルディスカッションでは森林総研の研究者に加え、大学・行政・関連業界と地元福島県の関係者とともに、今後の森林管理や安全性確保等について議論します。

概要

独立行政法人森林総合研究所は、平成25年7月18日(木曜日)に、公開シンポジウム 「私たちのくらしと森林・木材の放射能 ―森林総研が解き明かすその実態と今後―」を下記のとおり開催します。多数の皆様のご来聴を歓迎いたします。


 1. 日時: 平成25年7月18日(木曜日)
 2. 場所: 木材会館(東京都江東区新木場一丁目18)
 3. 内容: 別紙のとおり
 4. 参加費: 無料(ただし、事前登録制、先着300名)

お申し込みは次のページの申し込みフォームからお願いいたします

定員に達しましたので、参加申込み受け付けを終了致しました

問い合わせ先など
  • 独立行政法人 森林総合研究所 理事長 鈴木 和夫
  • 研究推進責任者:森林総合研究所 研究コーディネータ 高橋 正通
  • 研究担当者:森林総合研究所 企画部 放射性物質影響評価監 赤間 亮夫
  • 広報担当者:森林総合研究所 企画部 研究情報科長 秦野 恭典
    電話番号:029-829-8130
    FAX番号:029-873-0844

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。