ホーム > 研究紹介 > トピックス > プレスリリース > プレスリリース 2013年 > 不審なメールの大量送信事案の発生について

ここから本文です。

プレスリリース平成25年8月14日
独立行政法人森林総合研究所

不審なメールの大量送信事案の発生について

  1. 8月9日、サイバー攻撃により、森林総合研究所職員のメールアカウントが盗用され、英語でメールボックス容量超過の警告を偽った不審なメールが大量に送信されていたことが判明しました。
  2. このため、森林総合研究所では、直ちに(8月9日)原因等を把握するための調査を行うとともに、不審なメールの送信を停止するための措置を実施いたしました。現時点では機密情報の漏えいは確認されておりません。
  3. このような事態が生じたことをお詫び申し上げるとともに、このたびの事案を重く受け止め、すみやかに原因究明や影響把握を進め、再発防止を含めた情報セキュリティの強化を図ってまいります。
  4. なお、当該メールと思われる不審メールを受信した場合は、すみやかに削除するとともに、必要があれば下記にお問い合わせ下さい。
問い合わせ先など
  • 独立行政法人 森林総合研究所
  • 最高情報セキュリティ責任者: 理事  城土 裕
  • 情報セキュリティ責任者、広報担当者:研究情報科長 秦野 恭典
    電話番号:029-829-8130
    FAX番号:029-873-0844
    電子メール:kouho@ffpri.affrc.go.jp 


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。