ホーム > 研究紹介 > トピックス > プレスリリース > プレスリリース 2016年 > 森林が有する生物多様性の保全機能を経済評価 ―針葉樹人工林に広葉樹を混交させることの社会的価値を解明―

ここから本文です。

プレスリリース
平成28年6月22日

 国立研究開発法人森林総合研究所 北海道大学

森林が有する生物多様性の保全機能を経済評価 ―針葉樹人工林に広葉樹を混交させることの社会的価値を解明―

ポイント

  • 針葉樹人工林に生息する鳥類の数を増やすことは、haあたり最大30万円の経済的価値があると試算されました。
  • 針葉樹人工林に広葉樹を混交させると鳥類の生息する場所としての価値が増すため、大きな社会的価値を産み出すことが明らかになりました。   

概要

国立研究開発法人 森林総合研究所(以下「森林総研」という)は、北海道大学、宮崎大学、甲南大学、京都大学と共同で、森林が有する生物多様性の保全機能を経済的に評価しました。

私たちはインターネットを通じた質問により、一般市民が鳥類の保全にどのくらいの金額を支払ってもよいと考えているかを調査しました。11,800人に調査を依頼し、1,194人(10.1%)の回答から、針葉樹人工林に生息する鳥類の個体数を増やすことに、haあたり最大約30万円の経済的価値があると試算されました。

針葉樹人工林に広葉樹を混交させると生息する鳥類の個体数が増加するため、人工林に広葉樹を混交させることは、木材の経済的価値に鳥類の経済的価値を加えることから、人工林に大きな社会的価値を付与することが明らかになりました。森林が有する機能を経済的に評価することにより、森林を持続的に管理するための判断手法の開発につながると期待されます。

 

背景

木材を生産するために造成される針葉樹の一斉人工林では、生物多様性が低いことが知られています。近年の研究から、人工林に広葉樹が混交すると、生物多様性が増加することが明らかになってきました。しかし、人工林に広葉樹を混交させるためには費用がかかります。広葉樹を混交させて人工林で生物多様性を保全するために、費用に見合った価値を人工林に付加することができるでしょうか?

 

経緯

何かを追求すれば何かが犠牲になる状況をトレードオフといいます。森林の生物多様性を保全するために木材生産を減らさなければならないというトレードオフが想定される場合、木材生産と生物多様性保全の最適な組み合わせを明らかにする必要があります。

 

内容・意義

そこで私たちは、選択型実験(*1)という経済学的手法を用いて、鳥類保全の経済的価値を評価しました。私たちが鳥類の野外調査を行った北海道を対象に、14,000 haの人工林(北海道の人工林の1%)で鳥類を増加させる仮想の森林管理計画を立てました。仮想の計画は複数あり、haあたりの鳥類の個体数と、計画を導入するために必要な費用は異なります。この費用を税金で負担するという想定で、複数の仮想計画から最も望ましい1つの計画を回答者に選択してもらいました。11,800人にインターネットを通じて調査を依頼し、1,194人(10.1%)から回答を得ました。そのうち238人は新たな計画の導入に反対し、956人(80%)から賛同する回答を得ました。

広葉樹は一般に針葉樹よりも木材としての価格が低いため、広葉樹が混交した針葉樹人工林から生産される木材価格の総額は減ります。しかし、広葉樹が混交することによる経済的損失は、鳥類が増えることにより相殺されました(図1)。このように木材の価値と鳥類の価値を経済的に評価することで、針葉樹人工林に広葉樹が混交することの社会的価値を明らかにすることができました(図1)。

今後の予定・期待

私たちは現在、人工林を伐採する際、混交している広葉樹を残して生物多様性を維持する効果を実証するための野外実験を、北海道大学農学部森林科学科、北海道立総合研究機構林業試験場と共同で、北海道で行っています(写真1、2)。このような野外調査で、広葉樹を混交させることによって生じる価値やそのためのコストを経済的に評価することができれば、望ましい広葉樹の混交率(*2)を様々な状況下で求めることができるようになるでしょう。生態学と経済学を融合することにより、生物多様性の保全と資源生産の両立が効率的に図られると期待されます。 

用語の解説

 *1 選択型実験:市場価格のない公共財が有する価値を貨幣評価する際に用いられる経済的な手法です。属性が異なる複数の選択肢から単一の選択肢を回答者に選択してもらい、その結果を統計的に解析することにより、公共財の価値を見積もります

 *2 混交率:針葉樹人工林の中で広葉樹が占める割合。本研究では量(体積)で評価しています。

 *3 支払い意志額:商品やサービスを入手するために支払っても構わない最大の金額。本研究では、市場価格のない鳥類の個体数の価値を、それを増加させる森林保全計画への支払い意志額として評価しました。

共同研究機関

北海道大学、宮崎大学、甲南大学、京都大学

 

問い合わせ先など

 研究推進責任者 : 森林総合研究所 研究ディレクター 小泉 透

 研究担当者 : 森林総合研究所 森林植生研究領域 群落動態研究室 主任研究員 山浦 悠一
北海道大学 大学院 農学研究院 森林政策学研究室 准教授 庄子 康

 広報担当者 ; 森林総合研究所 企画部 広報普及科長 宮本 基杖
 電話番号 : 029-829-8135
  FAX番号 : 029-873-0844

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8135

FAX番号:029-873-0844