ホーム > 研究紹介 > トピックス > プレスリリース > プレスリリース 2016年 > 第14回環境研究シンポジウム レジリエントな社会・国土を創る環境研究 の開催について(お知らせ)

ここから本文です。

プレスリリース
2016年10月18日

環境研究機関連絡会

第14回環境研究シンポジウム レジリエントな社会・国土を創る環境研究 の開催について(お知らせ)

(筑波研究学園都市記者会、環境省記者クラブ、文部科学記者会、科学記者会、農政クラブ、農林記者会、農業技術クラブ、林政記者クラブ、水産庁記者クラブ、経済産業記者会、経済産業省新聞記者会ペンクラブ、国土交通記者会、国土交通省建設専門紙記者会、国土交通省交通運輸記者会、気象庁記者クラブ、神奈川県庁記者クラブ同時発表)

環境研究に携わる国の施設等機関、国立研究開発法人及び国立大学法人の研究機関から構成される環境研究機関連絡会は、平成28年11月22日(火曜日)、一橋大学一橋講堂(東京都千代田区)において、第14回環境研究シンポジウムを開催し、各研究機関における環境研究の成果を広く国民にお知らせします。
今回のシンポジウムでは、『レジリエントな社会・国土を創る環境研究』をテーマとして、13件の講演を行います。また、約100件のポスター発表によって、各研究機関における環境研究の最新の成果をお伝えします。
多数の皆様のご来場をお待ち申し上げております。

 1. 日時

平成28年11月22日(火曜日) 12時~18時

 2. 場所

一橋大学一橋講堂(学術総合センター内)
 〒101-8439 東京都千代田区一ツ橋2丁目1番2号
 電話番号: 03-4212-3900

 3. プログラム

詳細は別紙参照

 4. 参加費

無料

 5. 参加登録

参加ご希望の方は、下記のウェブページから登録をお願いします。
 https://www.omc.co.jp/kankyokenkyu/(外部サイトへリンク)

 6. 環境研究機関連絡会とは

今日発生している様々な環境問題を解決するためには、各専門領域にとどまることなく、これらを包含した総合的視点から、各専門分野の研究を推進する必要があります。
また、環境研究に関する多様なニーズに応え、効果的、効率的な研究を推進していくため、新たな情報交換の場を設け、より一層、連携・協力を緊密にしていくことが不可
欠となっています。

そこで、環境研究に携わる国の施設等機関、国立研究開発法人及び国立大学法人の研究機関が情報交換し、環境研究の連携を緊密にするため、「環境研究機関連絡会」が平成13年に設置されました。
連絡会では、
 (1)環境研究の推進状況の紹介と相互理解
 (2)環境研究の主要成果の紹介
 (3)環境研究の協力・連携・連絡
 などを行っています。

 7. 環境研究機関連絡会の参加機関(平成28年10月現在)

 国立研究開発法人 防災科学技術研究所
 国立研究開発法人 物質・材料研究機構
 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構
 国立研究開発法人 森林総合研究所
 国立研究開発法人 水産研究・教育機構
 国立研究開発法人 産業技術総合研究所
 国土交通省 気象庁気象研究所
 国土交通省 国土技術政策総合研究所
 国立研究開発法人 建築研究所
 国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 港湾空港技術研究所
 国立研究開発法人 土木研究所
 国立研究開発法人 国立環境研究所
 国立大学法人 筑波大学

お問い合わせ先

環境研究機関連絡会 事務局 (国立研究開発法人森林総合研究所 研究企画科 担当:加賀谷)
 〒305-8687 茨城県つくば市松の里1
 電話番号:029-829-8114
 FAX:029-874-8507

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8135

FAX番号:029-873-0844