ホーム > 研究紹介 > 刊行物 > 研究成果発表会・公開講演会 講演要旨集 > 平成16年度研究成果発表会 講演要旨集

更新日:2010年4月1日

ここから本文です。

平成16年度研究成果発表会 講演要旨集

平成16年度森林総合研究所研究成果発表会「日本の生物多様性保全研究の現状とこれから-里山のオオタカ、大台ヶ原のシカ、固有種の島小笠原での研究成果-」

日時: 平成16 年10月19日
場所: イイノホール(東京都千代田区)

  • 「孤立、断片化した里山の保全を考える」-石狩平野での鳥、昆虫、植物の多様性から見た功罪-
    尾崎 研一 (北海道支所 生物多様性担当チーム長)
  • 「シカの個体数管理から森林生態系管理へ」 -大台ヶ原自然再生のために-
    日野 輝明 (関西支所 野生鳥獣類管理担当チーム長)
  • 「小笠原の自然を蝕む外来生物の脅威と対策」
    大河内 勇 (森林昆虫研究領域 昆虫多様性担当チーム長)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科広報係

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8372

FAX番号:029-873-0844

Email:kouho@ffpri.affrc.go.jp