ホーム > 研究紹介 > 森と木のQ&A > 森林の管理と経営 > 森林の管理と経営 Q3

更新日:2010年5月28日

ここから本文です。

森林の管理と経営 Q3

  • Q3 : 林道の規格はどのようになっていますか?
  • A3 : 林道の規格は林道規程(林野庁長官通達)により定められています。林道には2車線道と1車線道とがありますが、ここでは1車線道について述べます。1車線の林道には1~3級の区分があり、林道の幅員は、基本的に、1級5.0m、2級4.0m、3級3.0(又は2.8)mとなっています。曲線部では拡幅を行うこととなっており、拡幅量は林道の級、曲線半径(林道の中心線の半径)に応じて定められており、最大2.25mとなっています。曲線半径の最小値は設計速度、級別に定められていますが、林道の設計速度は20km/時が多く、この場合1級15m、2級12m、3級6mとなっています。縦断勾配は、山岳地で設計速度が20km/時の場合、基本的に1~3級とも14%以下ですが、延長100m以内に限り2級林道では16%、3級林道では18%以下とすることができます。
  • (林業工学研究領域)

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科相談窓口

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8377

FAX番号:029-873-0844

Email:QandA@ffpri.affrc.go.jp

電話受付時間 9時30分~12時00分、13時00分~16時30分 土日祝祭日除く