ホーム > 研究紹介 > 森と木のQ&A > 森林の管理と経営 > 森林の管理と経営 Q5

更新日:2010年5月28日

ここから本文です。

森林の管理と経営 Q5

  • Q5 : タワーヤーダはどのような機械ですか?
  • A5 : 簡便に架線集材できる人工支柱を装備した移動可能な集材機です。タワーヤーダは移動性を高め、架設撤去時間を短縮することで作業能率を高めることを特徴としており、車輪式あるいは装軌式の専用台車に人工支柱やウインチ類が搭載され、自走あるいはけん引される形式となっているものが多くみられます。索の張り方は主索を用いる索張方式と主索を用いない簡易索張方式があります。前者は集材距離が200m程度以上の中規模の架線集材に用いられるものが多く、中径以上の集材木に適応したものといえます。後者は集材距離が200m程度以下の小規模の架線集材で、小径の集材木に適応した機種といえます。

(林業工学研究領域)

タワーヤーダの写真
タワーヤーダ

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科相談窓口

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8377

FAX番号:029-873-0844

Email:QandA@ffpri.affrc.go.jp

電話受付時間 9時30分~12時00分、13時00分~16時30分 土日祝祭日除く