ホーム > 研究紹介 > 森林と放射能 > 森林総合研究所研究員が発表した論文や解説記事

更新日:2018年3月2日

ここから本文です。

森林総合研究所研究員が発表した論文や解説記事

 

これまでに森林総合研究所で実施した研究成果を公表した学術論文やその内容を紹介した解説書などのリストです。事故前から実施していた基礎的な研究や事故後の動態等を評価した研究、将来的な予測を行った研究など、広範な内容を含んでいます。
これらこれまでの研究でわかった内容をもとに、現在も森林・林産業の放射性物質に関する様々な研究を引き続き実施していますので、今後も順次公表していく予定です。

 

森林への放射性セシウム拡散と分布

  • Naohiro Imamura, Masahiro Kobayashi, Shinji Kaneko (2018) Forest edge effect in a radioactivity contaminated forest in Fukushima, Japan. Journal of Forest Research, 23: 15-20.
     http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/13416979.2017.1396417
     
  • Masabumi Komatsu, Keizo Hirai, junko Nagakura, Kyotaro Noguchi (2017) Potassium fertilisation reduces radiocesium uptake by Japanese cypress seedlings grown in a stand contaminated by the Fukushima Daiichi nuclear accident. Scientific Reports, 7:15612. 
     https://www.nature.com/articles/s41598-017-15401-w
     
  • 小松雅史(2017)放射性セシウムの森林内への初期沈着 (特集 森林における放射性物質). 水利科学、61(1):3-18.
     http://shinrinkagaku.jp/suirikagaku/bookindex.html
     
  • 柴田麻帆・小松雅史・太田祐子・阿部恭久(2017)日本大学水上演習林におけるきのこ類と土壌の放射性セシウム濃度. 関東森林研究、68: 21-24.
     
  • Masabumi Komatsu, Shinji Kaneko, Shinta Ohashi, Katsushi Kuroda, Tetsuya Sano, Shigeto Ikeda, Satoshi Saito, Yoshiyuki Kiyono, Mario Tonosaki, Satoru Miura, Akio Akama, Takuya Kajimoto, Masamichi Takahashi (2016) Characteristics of initial deposition and behavior of radiocesium in forest ecosystems of different locations and species affected by the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident. Journal of Environmental Radioactivity, 161:2-10. 
     http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0265931X15301107
     
  • Yuko Itoh, Akihiro Imaya, Masahiro Kobayashi (2015) Initial radiocesium deposition on forest ecosystems surrounding the Tokyo metropolitan area due to the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident. Hydrological Research Letters, 9(1):1–7.
     https://www.jstage.jst.go.jp/article/hrl/9/1/9_1/_article
     
  • Shoji Hashimoto, Toshiya Matsuura, Kazuki Nanko, Igor Linkov, George Shaw, Shinji Kaneko (2013) Predicted spatio-temporal dynamics of radiocesium deposited onto forests following the Fukushima nuclear accident. Scientific Reports, 3: 2564.
     http://www.nature.com/srep/2013/130902/srep02564/full/srep02564.html
     
  • Shoji Hashimoto, Shin Ugawa, Kazuki Nanko, Koji Shichi (2012) The total amounts of radioactively contaminated materials in forests in Fukushima, Japan.Scientific Reports,2:416.
     http://www.nature.com/srep/2012/120525/srep00416/full/srep00416.html 
     


森林内における放射性セシウムの動態

  • 金子真司(2017)森林内での放射性セシウムの樹木から土壌への移動について(特集 森林における放射性物質). 水利科学、354:37-44.
     http://shinrinkagaku.jp/suirikagaku/bookindex.html
     
  • 塚田祥文・信濃卓郎・佐藤守・江口定夫・山口紀子・金子真司・小山良太(2017)2011年の原発事故から5年ー農業環境・農作物・農業経済の変遷と課題ー. 日本土壌肥料学会誌、88(4):353-360.
     
  • 田中憲蔵・梶本卓也・齊藤哲・三浦覚(2017)福島第一原発事故後に植栽・発芽した 3樹種の当年枝と葉の放射性セシウム濃度. 関東森林研究、68:9-12.
     
  • 小林政広(2017)森林における福島原発事故由来放射性Csの現状. 土壌の物理性、135:41-46.
     
  • 直江将司阿部真田中浩赤間亮夫高野勉山崎良啓藤津亜季子原澤翔太正木隆(2017)コナラ落葉に含まれる放射性セシウムの空間分布に斜面方位と落葉量が与える影響. 日本森林学会誌、99: 34-40.
     https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjfs/99/1/99_34/_pdf
     
  • Naohiro Imamura, Masabumi Komatsu, Shinta Ohashi, Shoji Hashimoto, Takuya Kajimoto, Shinji Kaneko, Tsutomu Takano (2017) Temporal changes in the radiocesium distribution in forests over the five years after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident. Scientific Report, 7:8179.
     https://www.nature.com/articles/s41598-017-08261-x
     
  • Naohiro Imamura, Delphis F. Levia, Jumpei Toriyama, Masahiro Kobayashi, Kazuki Nanko (2017) Stemflow-induced spatial heterogeneity of radiocesium concentrations and stocks in the soil of a broadleaved deciduous forest. Science of the Total Environment, 599-600:1013-1021.
     http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0048969717311130
     
  • 田中憲蔵・梶本卓也・齊藤哲・川崎達郎・小松雅史・壁谷大介・矢崎健一・太田敬之・田淵隆一・松本陽介・宇都木玄・酒井武・飛田博順・伊東宏樹・大橋伸太・黒田克史・高野勉・赤間亮夫・高橋正通(2016)福島原発事故で汚染された森林における様々な樹木種の放射性セシウム濃度. 関東森林研究、67: 45-48.
     
  • 齋藤智之・酒井武・杉田久志・八木橋勉・池田重人・田中浩(2016)落葉広葉樹林の林床におけるササ3種の放射性セシウム汚染の実態. 東北森林科学会誌、22(1):20-26.
     
  • Yoshiyuki Kiyono, Akio Akama (2016) Predicting annual trends in leaf replacement and 137Cs concentrations in Cryptomeria japonica var. japonica plantations with radioactive contamination from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station accident. Bulletin of FFPRI, 15(1-2):1-15.
     http://www.ffpri.affrc.go.jp/pubs/bulletin/438/documents/438-1.pdf
     
  • 今村直広・金子真司・小林政広・高橋正通・赤間亮夫(2015)東京電力福島第一原発事故後の森林における空間線量率の4年間の変化. 森林立地、57(2):101-107.
    https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjfe/57/2/57_101/_article/-char/ja/
     
  • 梶本卓也・齊藤哲・川崎達郎・壁谷大介・矢崎健一・田中浩・太田敬之・松本陽介・田淵隆一・清野嘉之・高野勉・黒田克史・藤原健・鈴木養樹・小松雅史・大橋伸太・金子真司・赤間亮夫・高橋正通(2015)東京電力福島第一原子力発電所事故で影響を受けた森林の放射性セシウムの挙動 ―事故後2年間の林冠から地表への移行過程からみた樹種特性―. 日本森林学会誌、97: 33-43.
     https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjfs/97/1/97_33/_article/-char/ja/ 
     
  • 梶本卓也・高野勉・齊藤哲・黒田克史・藤原健・小松雅史・川崎達郎・大橋伸太・清野嘉之(2014)森林生態系における樹木・木材の放射性セシウム分布と動態の調査法. 森林総合研究所研究報告、13(3):113-136.
     http://www.ffpri.affrc.go.jp/pubs/bulletin/432/documents/432-5.pdf
     
  • 池田重人・金子真司・赤間亮夫・高橋正通(2014)森林土壌の放射性セシウム分布と動態の調査法. 森林総合研究所研究報告、13(3):137-145.
     http://www.ffpri.affrc.go.jp/pubs/bulletin/432/documents/432-6.pdf
     
  • 金子真司・高橋正通・池田重人・赤間亮夫(2014)福島原発事故による森林生態系における放射性セシウム汚染とその動態. 日本土壌肥料学雑誌、85(2):86-89.
     https://www.jstage.jst.go.jp/article/dojo/85/2/85_KJ00009783288/_article/-char/ja
     
  • 小林政広(2014)森林における放射性Csの動態. 土壌の物理性、126:31-36.
     https://js-soilphysics.com/editions/data/pdf000/126000.pdf
     
  • 高橋正通(2014)福島第一原発事故に伴うその後の森林木材への影響. Isotope News、724:25-29.
     http://www.jrias.or.jp/books/pdf/201408_TRACER_TAKAHASHI.pdf
     
  • 高橋正通(2014)福島の森林と木材の発展的な将来をめざして. 森林科学、72 :25.
     http://www.forestry.jp/publish/ForSci/ForSci-index/ForSci72.html
     
  • 高橋正通・梶本卓也・高野勉・池田重人・小林政広(2014)森林生態系における樹木・木材・土壌・渓流水の放射性セシウム動態調査法の利用ガイド. 森林総合研究所研究報告、13(3):107-112.
     http://www.ffpri.affrc.go.jp/pubs/bulletin/432/documents/432-4.pdf
     
  • Kazumichi Fujii, Shigeto Ikeda, Akio Akama, Masabumi Komatsu, Masamichi Takahashi, Shinji Kaneko (2014) Vertical migration of radiocesium and clay mineral composition in five forest soils contaminated by the Fukushima nuclear accident. Soil Science and Plant Nutrition, 60:751–764.
     http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/00380768.2014.926781
     
  • Akio Akama, Yoshiyuki Kiyono, Tatsuo Kanazashi, Koji Shichi (2013) Survey of radioactive contamination of sugi (Cryptomeria japonica D. Don) shoots and male flowersin Fukushima prefecture. Japanese Journal of Forest Environment, 55(2):105-111.
     http://ci.nii.ac.jp/naid/110009804563
     
  • 金子真司・大久保達弘(2013)福島第一原発事故による森林生態系の放射能汚染の実態. 森林立地、55(2):67-68.
     http://ci.nii.ac.jp/naid/110009804558
     
  • 金子真司・池田重人・赤間亮夫・三浦覚・高橋正通(2013)福島第一原発事故による森林放射能汚染調査地の土壌理化学性. 森林立地、55(2):75-81.
     http://ci.nii.ac.jp/naid/110009804560
     
  • 高橋正通(2013)私たちのくらしと森林・木材の放射能. 森林技術、857:26-27.
     http://www.jafta.or.jp/contents/shinringijuts/13_month8_detail.html
     
  • 高橋正通(2013)公開シンポジウム「私たちのくらしと森林・木材の放射能ー森林総研が解き明かすその実態と今後ー」. 木材保存、39:304-308.
     https://www.jstage.jst.go.jp/article/jwpa/39/6/39_304/_article/-char/ja/
     
  • 高橋正通(2013)福島県の森林の放射性セシウム汚染の実態と長期モニタリング. 学術の動向、18(6):68-69.
     https://www.jstage.jst.go.jp/article/tits/18/6/18_6_68/_article/-char/ja/
     
  • Shoji Hashimoto, Igor Linkov, George Shaw and Shinji Kaneko (2012) Radioactive Contamination of Natural Ecosystems: Seeing the Wood Despite the Tree. Environmental Science and Technology, 46 (22):12283–12284.
     http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/es304145n
     
  • 橋本昌司・金子真司(2012) 福島第一原子力発電所の事故により放射能に汚染された森林の修復に向けて. 水利科学、56(5):1-10.
     http://shinrinkagaku.jp/suirikagaku/bookindex.html 
     
  • 金子真司(2012)森林における放射性物質の汚染状況と今後の課題. 別冊化学「福島第一原発事故」(化学同人):23-26.
     http://www.kagakudojin.co.jp/book/b100191.html
     
  • 金子真司(2012)話題提供1:森林における放射能汚染調査. 森林科学、65 :35-36.
     http://www.forestry.jp/publish/ForSci/ForSci-index/ForSci65.html 
     
  • 金子真司(2012)森林の放射能汚染対策を考える. 土づくりとエコ農業、44(511):51-57.
     http://www.japan-soil.net/PUBLI/magazine/maga20121011.html 
     
  • 金子真司(2012)森林の放射能汚染の現状と今後の課題. 脱原発の大義 (農文協ブックレット5) 地域破壊の歴史に終止符を:90-96.
     http://shop.ruralnet.or.jp/b_no=01_54011193/ 
     
  • 金子真司(2012)森林地帯の放射性物質の動態について. フォレストコンサル、129:5-11.
     
  • 金子真司・外崎真理雄・清野嘉之・池田重人・黒田克史・田中浩・川崎達郎・齊藤哲・梶本卓也・阿部真・杉田久志・矢崎健一・太田敬之・三浦覚・志知幸治・大貫靖浩・阪田匡司・篠宮佳樹(2012)東京電力福島第一原子力発電所事故による森林放射能汚染の実態調査. 関東森林研究、63(1):97-100.
     
  • 高橋正通(2012)森林と放射性物質. グリーン・エージ、463:4-8.
     http://www.jpgreen.or.jp/greenage/backno/201207.html
     
  • 外崎真理雄・金子真司・清野嘉之(2012)放射性セシウムによる森林や木材への影響について. 木材情報、2012年2月号:1-6.
     http://www.jawic.or.jp/publication/mart2/mj_mokuji/y11.php


渓流水における動態


野生動植物関係


森林除染

  • 安田幸生(2017)森林内における空間線量率とその5年間の推移について. 水利科学、358:102-130.
  • 今村直広・赤間亮夫・大谷義一・小林政広・坪山良夫・高橋正通(2017)森林内の放射性セシウム分布を考慮した空間線量率の推定. 日本森林学会誌、99: 1-9.
     https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjfs/99/1/99_1/_pdf
     
  • 高橋正通(2015)森林の放射性物質汚染と除染の現状・課題. 環境情報科学、44(2):1-6.
     http://www.ceis.or.jp/search/entries/article/1/44/10369
     
  • 清野嘉之(2014)生垣ぞいの道の空間線量率の変化ー2011年秋から2012年末まで. 関東森林研究、65(1):163-164.
     
  • 高橋正通(2014)福島原発事故による森林汚染と除染. 森林科学、72:2-4.
     https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsk/72/0/72_KJ00009596384/_pdf
     
  • Takahiro Yoshida, Kiyohiko Fujimoto, Yoshitaka Kubojima, Koichi Yamamoto, Kazuhiro Takekura, Ken-ichi Yakushido(2014)Study on the densification of biomass containing radioactive substances – Densification characteristics of woody leaves and branches. Journal of the Japan Institute of Energy, 94:297-300.
     https://www.jstage.jst.go.jp/article/jie/93/3/93_297/_article/-char/ja/
     
  • 金子真司・坪山良夫・大谷義一 (2013) 森林の放射能汚染と除染 放射能除染の土壌科学 ―森・田・畑から家庭菜園まで―. 学術会議叢書、20 :26-39.
     http://www.h4.dion.ne.jp/~jssf/text/tosyo/sousyo20.html
     


木材


特用林産物(きのこ・山菜・薪・木炭・ペレット等)

  • 三浦覚(2017)林業―都路できのこ原木生産を再び. 根本圭介編、原発事故と福島の農業、第3章、東京大学出版会.
  • 柴田麻帆・小松雅史・太田祐子・阿部恭久(2017)日本大学水上演習林におけるきのこ類と土壌の放射性セシウム濃度. 関東森林研究、68: 21-24.
  • 赤間亮夫・清野嘉之・大橋伸太(2017)コシアブラ樹体内のセシウム133とセシウム137の分布. 関東森林研究、68(1):73-74.
     
  • 清野嘉之・赤間亮夫(2017)放射能汚染したフキ群落のバイオマスとそのカリウム40・セシウム137量の季節変化. 関東森林研究、68(1):71–72.
     
  • 清野嘉之・赤間亮夫(2017)山菜と放射性物質(特集 森林における放射性物質). 水利科学、355:36-50.
     http://shinrinkagaku.jp/suirikagaku/bookindex.html
     
  • 赤間亮夫・清野嘉之(2016)コシアブラの放射性セシウム汚染 ―汚染程度が異なる地域間の比較および季節変化―. 関東森林研究、66(2): 225–228.
     
  • 清野嘉之・赤間亮夫(2015)栽培フキ(Petasites japonicus)の放射性セシウム汚染の季節変化. 日本森林学会誌、97(3):158–164.
     https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjfs/97/3/97_158/_article/-char/ja/
     
  • 根田仁(2014)きのこの汚染と対策. 森林科学、72 :13-16. 
     https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsk/72/0/72_KJ00009596387/_article/-char/ja
     
  • 根田仁(2013)栽培きのこの放射性セシウム吸収を抑制するために. 特産情報2013年9月号、Vol.35(2) 410号:8-12.
     http://nittokusin.jp/wp/?p=1795
     
  • Yoshiyuki Kiyono, Akio Akama (2013) Radioactive cesium contamination of edible wild plants after the accident at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant. The Japanese Society of Forest Environment, 55(2):113-118.
     http://ci.nii.ac.jp/naid/110009804564
     
  • 清野嘉之・赤間亮夫(2013)2012年春の山菜の放射能濃度. 関東森林研究、64(2):77-80.
     


減溶化・対策等

  • Masabumi Komatsu, Keizo Hirai, Junko Nagakura, Kyotaro Noguchi (2017)
    Potassium fertilisation reduces radiocesium uptake by Japanese cypress seedlings grown in a stand contaminated by the Fukushima Daiichi nuclear accident. Scientific Reports, 7: 15612.
    https://www.nature.com/articles/s41598-017-15401-w
  • Kazuhiro Shikinaka, Yuichiro Otsuka, Yuri Iguchi, Masaya Nakamura, Yuko Itoh, Eiji Masai, Yoshihiro Katayama, Kiyotaka Shigehara (2016) Preferential cesium ion trapping by 2-pyrone-4,6-dicarboxylic acid (PDC) obtained from a metabolic intermediate of lignin, a woody biomass resource. Journal of Nuclear Science and Technology, 53: 1256-1259.
     http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/00223131.2016.1160806?journalCode=tnst20
     


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科広報係

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8372

FAX番号:029-873-0844

Email:kouho@ffpri.affrc.go.jp