ホーム
センター紹介
挨拶(理事長・センター長)
目的・目標
組織・体制
REDD基本情報
背景
国際交渉の状況
世界の森林減少の状況
REDD基礎知識
主要国の動向
センターにおける取り組みの紹介
はじめに
カンボジアでの取り組み
マレーシアでの取り組み
パラグアイでの取り組み
セミナー・ワークショップ
REDD関連会議カレンダー
セミナー・ワークショップ報告
関連文献
文献リスト
ヘルプデスク
問い合わせ
FAQ
アクセス
リンク
国内の関連情報
海外の関連情報

森林総合研究所 REDD研究開発センター 平成23年度第二回公開セミナー 案内

「グローバルなREDDプラスの枠組構築に向けて-プロジェクト活動からのスケールアップ、多様なプレーヤーの有機的連携-」

 途上国の森林減少・劣化に由来する排出の削減および森林保全(REDDプラス)については、気候変動緩和策における緊急性とポテンシャルの大きさから、2005年の気候変動枠組条約第11回締約国会議(COP11)以降、技術的・方法論的側面、および政策論的側面の両面から議論が続けられてきた。2010年COP16のカンクン合意でのREDDプラスの概要に関する合意を経て、2011年末のCOP17では、REDDプラスの技術指針と資金のあり方について議論が行われ、セーフガードの情報提供システムのガイドラインと参照レベルのモダリティに合意するなど、その枠組み作りに係る議論に進捗がみられる。

 REDDプラスは、資金メカニズムを介して、途上国での森林・林業政策や活動とそのための資金とをつなぐことにより、新たなプレーヤーの参加も含め、様々なプレーヤーにより、森林減少・劣化対策等の取組みを効果的に拡大・促進することが期待される。現在、国際的な枠組の検討と並行して、各国で公的機関による準備活動が進められるとともに、民間等も参加した実証活動も準備されつつある。このような活動を通じて、関係者の間で現場での実施経験に基づく様々な知見やノウハウ、グッドプラクティスが蓄積されつつあるが、一方、各プレーヤーが有機的なつながりを持って、それぞれの役割や関心を最大限に活かすためには、取組みに必要な途上国での条件整備や堅固なMRVシステムの構築、プロジェクト活動と準国/国レベルをつなぐ仕組みの構築など、取組むべき課題も多いことが明らかとなっている。また、REDDプラスへの取り組みを通じて、気候変動緩和にとどまらず、気候変動への適応、生物多様性保全や森林ガバナンスの向上といった森林をめぐるより幅広い課題にアプローチしていくことにも期待が寄せられている。

英文コンセプトノート[PDF 0.3MB]

実施報告

開催日時

2012年2月7日(火) 9:45~17:30

2012年2月8日(水) 9:30~17:30

開催場所

早稲田大学 国際会議場(井深大記念ホール)

・新宿区西早稲田1丁目6番1号

・JR高田馬場駅徒歩15分

プログラム概要

民間企業、環境NGO、行政官、研究者等による講演とパネルディスカッションを予定

  • 1日目講演

  • 2日目講演

  • 2012年2月7日(火) 1日目講演
    時間
    氏名
    所属
    講演タイトル
    9:45 鈴木 和夫 森林総合研究所理事長 開会挨拶
    9:55 沼田 正俊 林野庁次長 来賓挨拶
    オープニング
    REDDプラスに係る各プレーヤーの役割は何か?
    10:05 松本 光朗 独立行政法人
    森林総合研究所 REDD研究開発センター長
    REDDプラスに係る各プレーヤーの役割は何か?
    10:25 コーヒーブレイク
    セッション1
    途上国の政策やニーズと整合的な取組みとは何か?
    10:40 モデレーター
    Henry Scheyvens
    IGES  
    ≪各国報告≫
      Constin Bigol, Bruno Kuroh パプア・ニュー・ギニア パプアニューギニア森林公社によるREDD+
    準備活動
      Sairusi Sevu Bulai 太平洋共同体 太平洋地域におけるREDD+準備活動の地域支援
      Samsudin Musa Forest Research Institute Malaysia 半島マレーシアにおける持続可能な森林経営
    (SFM)を通じた森林劣化と排出の抑制
    11:40 質疑応答、議論
    12:00 ポスターセッション/ 昼休み
    14:00 モデレーター
    宮薗 浩樹
    JICA  
    ≪各国報告≫
      Yuyu Rahayu インドネシア インドネシアにおけるMRVシステムの進捗
      Omaliss Keo カンボジア カンボジアにおけるREDD+活動と既存の
    森林政策・戦略の関係
      Khamsene Ounekham ラオス ラオスにおけるREDD+の状況
    制度、枠組み、そして実証活動
      北村 徳喜 ベトナム ベトナムでのREDD+の現状
    "グローバルなREDD+の枠組み構築に向けて"
    プロジェクト活動からのスケールアップ、多様なプレーヤーの有機的連携"
    15:20 質疑応答、議論
    15:40 コーヒーブレイク    
    16:00 モデレーター
    Eduardo Mansur
    ITTO  
    ≪各国報告≫
      Joaquim Armando Joaquim Macuacua モザンビーク モザンビークにおけるREDD+実施枠組み策定に向けてのJICAとの技術協力計画
      Patrick Onotamba Kondjo コンゴ民主共和国 REDD+のコンテクストにおけるコンゴ民主共和国の国家森林調査システム
      Daniel Gonzalez Sosa
    Lidia Florencia Perez de
    Molas
    Larissa Karina Rejalaga
    Noguera
    パラグアイ パラグアイにおけるREDD+戦略を策定するための政策的・制度的枠組み
    及びパラグアイの在来樹種炭素ストック算定のための調査
    17:00 質疑応答、議論
    まとめ
    17:20 松本 光朗 独立行政法人
    森林総合研究所 REDD研究開発センター長
     

    ▲ ページトップに戻る
    2012年2月8日(水) 2日目講演
    時間
    氏名
    所属
    講演タイトル
    導入
    9:30 松本 光朗 独立行政法人
    森林総合研究所 REDD研究開発センター長
     
    セッション2
    REDDプラスの「活動」をどのように実施し、これをスケール・アップするか?
    9:40 モデレーター
    天野 正博
    早稲田大学 (1)スケール・アップのためのアプローチ
      Naomi Swickard Verified Carbon Standard VCS REDD+のスケールアップ:
    行政区界&ネステッドREDD+
      松本 光朗 独立行政法人
    森林総合研究所 REDD研究開発センター長
    二国間カーボン・オフセットメカニズムのためのREDD+ガイドラインの開発
      Jonah Busch Conservation International 複数のスケールにわたる参照のレベルの構築:
    インドネシアとペルーの事例
      Sarah Walker Winrock International 参照排出レベル及びMRVデータ作成における準国およびローカルレベルのアクターの潜在的役割
    11:00 質疑応答、議論
    11:20 コーヒーブレイク
    11:40 モデレーター
    天野 正博
    早稲田大学 (2)現場における実践とそれを支えうる技術
      Evarist Nderinyanga Nashanda タンザニア タンザニアにおけるREDD+の開発と実施
    "グローバルなREDD+の枠組み構築に向けて"
    プロジェクト活動からのスケールアップ、多様なプレーヤーの有機的連携
      鈴木 圭 日本森林技術協会 ベトナムにおける参照排出レベルの開発
    ‐JICAプロジェクトの中間結果と得られた教訓‐
      清野 嘉之 森林総合研究所 森林炭素モニタリング手法の研究・開発を通した、REDDプラスへの貢献
    12:40 質疑応答、議論
    13:00 ポスターセッション/ 昼休み
    セッション3
    REDDプラスを通じて何を実現すべきか?REDDプラスのその先へ
    14:00 モデレーター
    上田 浩史
    林野庁  
      Hwan Ok Ma ITTO REDD+を通して何を達成すべきか?REDD+を越えて何を目指すべきか?
      Zulfira Warta WWF Indonesia REDD+:森林問題への十分な解決策か?
      Henry Scheyvens IGES REDD+は何を達成するべきか?持続可能なコミュニティーと良き森林ガバナンス
    15:00 質疑応答、議論
    15:20 コーヒーブレイク
    パネルディスカッション
    REDD活動の推進に向けて各プレーヤーの力を最大限に活かすためには何が必要か?
    15:40 モデレーター
    松本 光朗
    独立行政法人
    森林総合研究所 REDD研究開発センター長
     
      Naomi Swickard Verified Carbon Standard  
      Jonah Busch Conservation International  
      Sarah Walker Winrock International  
      Omaliss Keo カンボジア  
      赤堀 聡之 林野庁  
    16:50 コーヒーブレイク
    クロージングセッション
    17:10 松本 光朗 独立行政法人
    森林総合研究所 REDD研究開発センター長
     

    参加申し込み

    セミナーへの参加をご希望の方は、登録用サイトよりお申し込みください。*登録は終了しました

    参加費

    無料 (定員 300名)

    使用言語

    日本語・英語 (同時通訳)

    実施体制

    主催: 森林総合研究所

    共催: 早稲田大学 環境総合研究センター、国際協力機構(JICA)、地球環境戦略研究機関(IGES)、国際熱帯木材機関(ITTO)

    後援: 林野庁、環境省、外務省、経済産業省、日本森林学会、日本熱帯生態学会、日本リモートセンシング学会、日本写真測量学会

    お問い合わせ

    独立行政法人森林総合研究所

    REDD研究開発センター

    E-mail: redd-rd-centerアットマークffpri.affrc.go.jp(アットマークを@に置き換えてください)

    Tel: 029-829-8365


    ▲ ページトップに戻る