ホーム > 研究紹介 > 研究組織 > 林業研究部門 > 林業経営・政策研究領域

更新日:2017年10月3日

ここから本文です。

林業経営・政策研究領域

林業経営・政策研究領域は、多様な森林資源を有効に活用し、持続的な森林管理の実現や林業、木材産業、山村地域の活性化に資する研究を主に社会的・政策的観点から行っています。またそれらは森林研究部門や木材研究部門の研究領域と連携を図りつつ行われています。

研究員

林業経営・政策研究領域長 山田 茂樹

森林環境政策担当チーム長

宮本 基杖

計量モデル担当チーム長 岡 裕泰
木材利用動向分析担当チーム長 青井 秀樹
林業動向解析研究室

山本 伸幸(室長)

道中 哲也

田中 亘

石崎 涼子

平野 悠一郎

早舩 真智
森田 香菜子(併任)

林業システム研究室

久保山 裕史(室長)

田村 和也

鹿又 秀聡

都築 伸行
岩永 青史

江原 誠(併任)

 

 

燃料材を積んできたトラックと貯木場

燃料材を積んできたトラックと貯木場

コナラやケヤキなど広葉樹を取り扱う原木市場

コナラやケヤキなど広葉樹を取り扱う原木市場

研究内容

以下の研究内容は、運営費交付金のほか、科研費などの外部資金を用いて遂行しています(基幹課題イイa)。

  • 林業の成長産業化に向けた新しい林業・木材利用システムに関する研究
  • 木材需給及び価格に関する実態分析と将来推計に関する研究
  • 需要拡大と用途多様化に対応した木材安定供給方策に関する研究
  • 山村地域再生と安定的発展のための社会的・政策的対策に関する研究
  • 森林所有者や林業事業体の経営規定要因と持続可能な経営のあり方に関する研究
  • 林業就業の実態分析と就業条件改善のための研究

主なプロジェクト

  • マテリアル用国内広葉樹資源の需給実態の解明と需要拡大に向けた対応方策の提案(H27~29交付金プロジェクト)
  • 木質バイオマス発電事業の安定的な拡大手法の開発(H27~29交付金プロジェクト)
  • 国産CLTの普及拡大に向けた利用モデルの構築と検証(H28~30科研費)
  • 新たな林地利用を踏まえた森林の多面的経営の成立条件の解明(H27~29科研費)
  • 森林を基盤とした地域再生のための自治体戦略の策定・実行手法の研究(H28~30科研費)