ホーム > 研究紹介 > 研究組織 > 戦略研究部門 > 国際連携・気候変動研究拠点 > 森林による炭素吸収量をどのように捉えるか

更新日:2010年10月2日

ここから本文です。

森林による炭素吸収量をどのように捉えるか
~京都議定書報告に必要な森林吸収量の算定・報告体制の開発~

この研究は、「森林吸収量報告・検証体制緊急整備対策」(H15~18:林野庁受託費)及び「京都議定書吸収源としての森林機能評価に関する研究」(H15~17:地球環境研究総合推進費)により実施しました。

1. 林木に蓄積される炭素量の算定

2. 京都議定書報告に必要な森林吸収量の算定・報告方法の開発

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。