ホーム > 研究紹介 > 研究成果 > 研究最前線 2004年紹介分 > 日本のマツノマダラカミキリは中国産の亜種

ここから本文です。

日本のマツノマダラカミキリは中国産の亜種

2004年4月20日掲載

論文名 Two new species and a new subspecies of Japanese Cerambycidae (Coleoptera) (日本産カミキリムシ科、2新種、1新亜種の記載)
著者(所属) 槇原 寛(海外研究領域)
掲載誌 森林総合研究所研究報告、390号、2004年3月
内容紹介

 林業害虫マツノマダラカミキリおよびスギカミキリに分類学的な検討を加えた。マツノマダラカミキリのこれまでの記載は中国産種によるものであるが、中国・台湾産種と日本・韓国産種とで休眠等生理的な面で差異があることが指摘されていた。本報告では形態的にも異なっていることを明らかにし、日本・韓国産のものを新亜種とした。また、屋久島のスギカミキリはこれまで記載の本土産のものに比べ形態的な差が大きい。このため、新種として記載した。

 

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8135

FAX番号:029-873-0844