ホーム > 研究紹介 > 研究成果 > 研究最前線 2004年紹介分 > サル探しの秘訣発見 -サルの声はどこまで届く?-

ここから本文です。

サル探しの秘訣発見 -サルの声はどこまで届く?-

2004年4月20日掲載

論文名 音声を手がかりとしたニホンザル野生群の位置探索の正確さについて
著者(所属) 大井 徹(森林総研関西支所)・泉山 茂之(野生動物保護管理事務所)・今木 洋大(CommEn Space)・植月 純也(下北野生生物研究所)・岡野 美佐夫(野生動物保護管理事務所)・白井 啓(野生動物保護管理事務所)・千々岩 哲(景生保全研究所)
掲載誌 霊長類研究、19巻第3号、2003年12月
内容紹介

 サルの群れを探す場合、彼らの音声がよい手がかりとなる。そこで、サルの音声の種類ごとに到達距離と人が探索する場合における音源の方向の正確さを実測した。ラウド・コール(サル同士の長距離コミュニケーションに使われていると考えられる音声)と仲間から攻撃されたサルが出す悲鳴が400m程度と最も遠くまで届き、かつ音源の方向推定が正確に行えることなどが明らかになった。

 

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8135

FAX番号:029-873-0844