ホーム > 研究紹介 > 研究成果 > 研究最前線 2005年紹介分 > 地籍情報を利用して森林GISを構築する

ここから本文です。

地籍情報を利用して森林GISを構築する

2005年1月7日掲載

論文名 GISを用いた地籍情報による森林簿上地番の修正
著者(所属) 山本 伸幸(林業経営・政策研究領域)、森山 理加(全国共済農業協同組合連合会広島県本部)
掲載誌 日本森林学会誌、87巻1号、2005年2月
内容紹介  GISによる森林管理には正確な地理情報が必要である。そこで、地域における最も基礎的な地理情報である地籍情報のうち地籍図および地籍簿の地番、地目を用い、森林簿を修正した。この修正した森林簿を用い、保安林台帳と森林計画図とをGISによりリンクする方策を検討した。その結果、両情報のリンクが可能となり、一定の整合性が確保されることが確認された。地籍情報の利用は今後の森林GIS構築に極めて重要と思われる。

 

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8135

FAX番号:029-873-0844