ホーム > 研究紹介 > 研究成果 > 研究最前線 2005年紹介分 > ポプラの環境ストレス応答性遺伝子の大規模収集に成功 -環境ストレス耐性樹木の創出に期待-

ここから本文です。

ポプラの環境ストレス応答性遺伝子の大規模収集に成功
-環境ストレス耐性樹木の創出に期待-

2005年2月21日掲載

論文名 Characterization of Full-length Enriched Expressed Sequence Tags of Stress-treated Poplar Leaves(ストレス処理したポプラ本葉由来の完全長cDNAの大規模収集と解析)
著者(所属) 楠城 時彦、 二村 典宏、西口 満、伊ヶ崎 知弘(生物工学研究領域)、篠崎 一雄(理化学研究所)、篠原 健司(生物工学研究領域)
掲載誌 Plant and Cell Physiology(植物生理学会英文誌、日本)、45巻12号、2004年12月
内容紹介  完全長鎖に富むポプラcDNAライブラリーを作製し、約4,500種の遺伝子の塩基配列情報を収集した。完全長cDNAの大規模収集は、樹木では世界初の報告である。収集した完全長cDNAの中には、乾燥、高塩濃度や低温等の環境ストレス応答や耐性に関与する遺伝子が多数含まれていることを実証した。本成果は、樹木の環境ストレス応答機構の解明や環境ストレス耐性組換え樹木の創出への利用が期待される。

 

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8135

FAX番号:029-873-0844