ホーム > 研究紹介 > 研究成果 > 研究最前線 2005年紹介分 > 青変菌Ceratocystis polonicaがエゾマツを枯らすメカニズムを解明

ここから本文です。

青変菌Ceratocystis polonicaがエゾマツを枯らすメカニズムを解明

2005年11月24日掲載

論文名 Xylem dysfunction in Yezo spruce (Picea jezoensis) after inoculatioin with the blue-stain fungus Ceratocystis polonica (青変菌Ceratocystis polonicaを接種したエゾマツにおける木部通導阻害)
著者(所属) 黒田 慶子(関西支所)
掲載誌 Forest Pathology(森林病理学雑誌、英)、35巻5号、2005年10月
内容紹介  トウヒ属樹木の枯死は北半球の多数の国の森林で問題となっている。その病原菌の接種実験により、エゾマツ樹幹で樹液上昇が急激に阻害されること、樹液流動の停止範囲は菌の分布域を超えて広範囲に広がることがわかった。青変菌への防御反応として樹木細胞で生産された物質が自らの組織内での樹液流動を阻害し、そのために枝や葉への水の供給が止まってしまうことが明らかになった。

 

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8135

FAX番号:029-873-0844