ホーム > 研究紹介 > 研究成果 > 研究最前線 2005年紹介分 > 森林土壌水の下方への移動量の簡易測定手法を開発

ここから本文です。

森林土壌水の下方への移動量の簡易測定手法を開発

2005年12月20日掲載

論文名 ポーラスプレート・テンションライシメータ法による土壌水の年移動量の測定
著者(所属) 釣田 竜也、吉永 秀一郎(立地環境研究領域)、阿部 俊夫(水土保全研究領域)
掲載誌 土壌の物理性、101号、2005年11月
内容紹介  森林土壌中の水移動は河川の流出特性に関わる重要な要素であり、正確な測定技術の開発が望まれている。従来の測定法は電源のない林地では使えないことから、電源が不要なポーラスプレート・テンションライシメータ法(以下、PPTL法と呼ぶ)を開発した。PPTL法では土壌水の採水吸引圧を週一回手動で調整することで、その間の土壌水移動量を簡便に測定できる。このPPTL法を用いて林地斜面の上部、中部、下部において深さ90cmでの水移動量を1年間測定したところ、それぞれ275、608、601 mmであった。斜面中部と下部の値は調査地の年間の河川流出量(625mm)とほぼ等しく、PPTL法による土壌水の下方移動量の測定の正確さが検証された。

 

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8135

FAX番号:029-873-0844