ホーム > 研究紹介 > 研究成果 > 研究最前線 2006年紹介分 > 土壌の水分や養分の変動に対するスギとヒノキの生育反応を明らかにした

ここから本文です。

土壌の水分や養分の変動に対するスギとヒノキの生育反応を明らかにした

2006年2月15日掲載

論文名 Effects of soil moisture and nitrogen on growth responses of Cryptomeria japonica and Chamaecyparis obtusa seedlings (スギとヒノキの成長反応に及ぼす土壌水分と土壌窒素の影響)
著者(所属) 長倉 淳子、重永 英年(立地環境研究領域)、赤間 亮夫(林野庁)、高橋 正通(立地環境研究領域)
掲載誌 Phyton(ファイトン、オーストリア)、45巻4号、2006年1月
内容紹介  降水量の変化や、窒素汚染(富栄養化)が森林に与える影響が危惧される。そのような環境変動が造林木へ与える影響を明らかにするため、土壌の窒素濃度と水分状態に対するスギとヒノキの苗木について生育応答を対比した。その結果、土壌の窒素が多いとスギの成長は増加したが、ヒノキの成長は低下した。土壌が強く乾燥するとスギの伸長は低下したが、ヒノキは影響をうけなかった。これらのことから、スギは窒素汚染が進んでも影響はうけにくいが、乾燥の影響はうけやすい。一方、ヒノキは乾燥の影響はうけにくいが、窒素汚染の影響はうけやすいことがわかった。

 

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8135

FAX番号:029-873-0844