ホーム > 研究紹介 > 研究成果 > 研究最前線 2006年紹介分 > MRI(核磁気共鳴画像法)で樹木の中が見える

ここから本文です。

MRI(核磁気共鳴画像法)で樹木の中が見える

2006年5月8日掲載

論文名 Magnetic resonance micro-imaging of xylem sap distribution and necrotic lesions in tree stems(核磁気共鳴画像法による樹木の樹液分布および病変部位の検出)
著者(所属) 黒田 慶子(関西支所)、神原 芳行、井上 敬、小川 彰(岩手医科大学)
掲載誌 IAWA Journal (国際木材解剖学会誌、オランダ)、27巻1号、2006年3月
内容紹介  MRIにより生きた樹木内部の生理現象を解析するため、技術面の検討を行った。人間の体内を見るための撮像条件(パラメータ)では樹木の鮮明な画像は得られない。種々の条件設定を変更して撮像した結果、樹幹内の樹液の分布や菌の感染により壊死した部位の検出ができるようになり、樹木体内の画像による生理現象解明が可能となった。

 

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8135

FAX番号:029-873-0844