ホーム > 研究紹介 > 研究成果 > 研究最前線 2006年紹介分 > 四万十川流域森林の生物多様性の指標を明らかにした

ここから本文です。

四万十川流域森林の生物多様性の指標を明らかにした

2006年10月18日掲載

論文名 四万十川森林計画区における持続可能な森林経営のための生物多様性のモニタリングの取り組み
著者(所属) 佐藤 重穂・奥田 史郎(四国支所)、宮田 弘明・深田 英久(高知県立森林技術センター)
掲載誌 森林応用研究、15巻2号、2006年10月
内容紹介  高知県の四万十川森林計画区で実施している、持続可能な森林経営のための生物多様性のモニタリングにおいて、当該地域レベルで適用可能な指標を明らかにした。生態系の多様性の指標としては森林のタイプ別・齢級別面積や保護地域の面積、種の多様性の指標としては生物の分類群別(植物、哺乳類、鳥類等)の森林依存種注)の数、遺伝的多様性の指標としては分布域が縮小している森林依存種の数が適用可能であることがわかった。また、これらの指標は四国全域に適応可能であると考えられた。

 注)森林依存種:森林の存在が繁殖、採餌などに不可欠な種

 

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8135

FAX番号:029-873-0844