ホーム > 研究紹介 > 研究成果 > 研究成果 2019年紹介分 > 樹木の根に共生する菌根菌の生育を促す細菌がいた

ここから本文です。

樹木の根に共生する菌根菌の生育を促す細菌がいた

2019年6月7日掲載

論文名
  • Bacterial community on ectomycorrhizal roots of Laccaria laccata in a chestnut plantation (クリ園におけるキツネタケの菌根に生息する細菌群集)
  • Extending the hyphal area of the ectomycorrhizal fungus Laccaria parva co-cultured with ectomycorrhizosphere bacteria on nutrient agar plate (キツネタケの菌根圏に生息する細菌をプレートに対峙培養させたときのキツネタケの菌糸伸長面積)
著者(所属)

小長谷 啓介(きのこ・森林微生物研究領域)

掲載誌

Mycoscience, 60(1):40-44, January 2019, DOI:10.1016/j.myc.2018.08.002(外部サイトへリンク)

Mycoscience, 60(2):95-101, March 2019, DOI:10.1016/j.myc.2018.12.002(外部サイトへリンク)

内容紹介

マツタケやトリュフなどに代表される外生菌根菌は、樹木の根と共生して「外生菌根」をつくり、樹木から栄養分を獲得してきのこを発生させます。この外生菌根菌のきのこの発生には、樹木だけではなく菌根の周囲に生息する様々な土壌微生物も影響していると考えられますが、これらの関係についてはまだ十分に明らかにされていません。本研究ではまず初めに、外生菌根菌のキツネタケを対象に、外生菌根の周辺に生息する細菌相を調査しました。その結果、リゾビウム目の細菌が高頻度で生息することがわかりました。その中には、今回最も高頻度で確認された窒素循環に関わる細菌の一群であるBradyrhizobium属など、養分動態に関わる種が含まれていました。次に、外生菌根の周辺に生息するこれらの細菌がキツネタケの菌糸伸長にどのような影響を及ぼしているのかを明らかにするため、平板培地上での対峙培養試験を行いました。その結果、多くの細菌はキツネタケの菌糸伸長を抑制する傾向を示したのに対して、Bradyrhizobiumなどの一部の細菌は菌糸伸長に影響を与えない、あるいは促進することが明らかとなりました。これら細菌を活用することで、キツネタケのきのこの発生に至る生育や菌根菌との働きが向上されることが考えられます。今後は、このような細菌類が菌根の発達やきのこの発生に及ぼす影響を調べ、外生菌根菌のきのこの栽培技術開発に繋げていきたいと考えています。

 

図 キツネタケのきのこ(左)と菌根(右)

図 キツネタケのきのこ(左)と菌根(右)

 

図 キツネタケと細菌の対峙培養試験
図 キツネタケと細菌の対峙培養試験。キツネタケの菌糸片を中心部に置き、四方(三角)に細菌を1cmの線状に塗布した。左写真は対照区で細菌を塗布していない。右写真はBradyrhizobiumを塗布したもの。バーは1cmを示す。

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8135

FAX番号:029-873-0844