ホーム > 研究紹介 > 研究成果 > 研究成果 2020年紹介分 > 野生きのこのススケヤマドリタケは土壌のカリウムが多いと放射性セシウムを吸収しにくい

ここから本文です。

野生きのこのススケヤマドリタケは土壌のカリウムが多いと放射性セシウムを吸収しにくい

2020年12月21日掲載

論文名

Spatial distribution of 137Cs concentrations in mushrooms (Boletus hiratsukae) and their relationship with soil exchangeable cation contents(ススケヤマドリタケのセシウム137濃度の空間分布と土壌の交換性塩基濃度の関係)

著者(所属)

小松 雅史(きのこ・森林微生物研究領域)、鈴木 也実・小川 周太・太田 祐子(日本大学)

掲載誌

Journal of Environmental Radioactivity、2020年10月 DOI:10.1016/j.jenvrad.2020.106364(外部サイトへリンク)

内容紹介

2011年の福島第一原発事故によって東日本の広域は放射性物質の影響を受けました。きのこは放射性セシウム濃度が高いものが多く、2020年8月においても11県113市町村において野生きのこは、食用としての出荷が制限されています。きのこの放射性セシウム濃度は同じ種であっても数倍ばらつくことが知られていましたが、その理由は明らかではありませんでした。農作物や樹木では土壌の交換性カリウム濃度が高いほど放射性セシウム濃度が低くなることが知られており、発生地点の土壌環境によって子実体の放射性セシウム濃度も影響を受けることがばらつきの理由として考えられます。

そこで、放射性セシウム(Cs137)沈着量がほぼ同じ2つの調査地に発生する、野生きのこの一種であるススケヤマドリタケ(写真)の子実体と発生箇所の土壌を採取し、子実体の放射性セシウム濃度と土壌の化学性を調べました。その結果、調査地間で比較すると、土壌の交換性カリウム濃度が高い方で子実体の放射性セシウム濃度が低くなりました(図)。このことは、土壌のカリウム濃度により、きのこのセシウム吸収が影響を受けることを示しています。

イネなどの農作物ではカリウムを施用することで植物体中の放射性セシウムの濃度が低くなることが知られています。きのこについてもカリウム施用によりの放射性セシウム濃度を低くなる可能性を示しています。

 

(本研究は2020年10月に Journal of Environmental Radioactivity で公表されました。)

 

写真1:調査プロット内に発生したススケヤマドリタケの子実体写真2:調査プロット内に発生したススケヤマドリタケの子実体

写真:調査プロット内に発生したススケヤマドリタケの子実体

 

図:ススケヤマドリタケの放射性セシウム濃度と表層土壌の交換性カリウム濃度

図:ススケヤマドリタケの放射性セシウム(Cs137)濃度(左)は表層土壌(0-5cm層)の交換性カリウム濃度(右)が高い方が低くなっている

お問い合わせ先

【研究推進責任者】
森林総合研究所 研究ディレクター 山中 高史
【研究担当者】
森林総合研究所 きのこ・森林微生物研究領域 小松 雅史
【広報担当者】
森林総合研究所 広報普及科広報係
【取材等のお問い合わせ】
相談窓口(Q&A)E-mail:QandA@ffpri.affrc.go.jp
電話番号:029-829-8377(受付時間:平日9時30分~12時、13時~16時30分)

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8377

FAX番号:029-873-0844