ホーム > 研究紹介 > 研究成果 > 研究成果 2021年紹介分 > 外部被ばくからみた山菜・きのこ採り再開可能性の推定

ここから本文です。

外部被ばくからみた山菜・きのこ採り再開可能性の推定

2021年3月15日掲載

論文名

Assessment of potentially reusable edible wild plant and mushroom gathering sites in eastern Fukushima based on external radiation dose. (福島県東部における外部被ばく線量に基づく山菜・きのこ採取地の再利用可能性の評価)

著者(所属)

松浦 俊也(東北支所)

掲載誌

Journal of Environmental Radioactivity、227、106465、December 2020 DOI:10.1016/j.jenvrad.2020.106465(外部サイトへリンク)

内容紹介

原発事故の放射能汚染は、地域の人々から山菜・きのこ採取の機会を奪ってしまいました。そこで、外部被ばくのおそれから天然山菜・きのこ採りが難しくなった場所と、再び訪問できるまでの年数を予測しました。対象地は、福島第一原発の南西12~30km圏に位置する福島県双葉郡川内村です。まず、事故前に山菜・きのこ採りをよくしていた方々11名に対面アンケートを実施し、地理情報システム(GIS)を用いて、主な山菜ときのこ各3種類について、かつてよく採りに行っていた場所(採取適地)の特徴を調べました。さらに、2050年までの空間線量率の低下を予測した上で、採取地への訪問を1日8時間と仮定して訪問頻度をいくつか想定し、訪問による外部被ばく量が国の基準値(年間1ミリシーベルト)未満となる範囲が広がっていく様子を推定しました。

その結果、山菜・きのこの種類ごとに、かつての採取適地の分布特徴(地形、植生、道からの距離)を地図化できました(図1)。また、空間線量率が低下していくなかで、訪問頻度を調整すれば、外部被ばく量を低く抑えられ、訪問を再開できる場所が広がっていくことが分かりました(図2)。今後、山菜・きのこを食べた場合の内部被ばく量の評価と併せることで、安全に採取を再開できる時期が予測可能になると考えています。

 

(本研究は2020年12月にJournal of Environmental Radioactivityで公表されました。)

 

図1:川内村における原発事故前の採取適地の推定図


図1:川内村における原発事故前の採取適地の推定図。濃い場所ほど採取地に適していることを示します。(A)フキは、谷沿いや道沿いのなだらかな草地や林縁でよく採られていたのに対し、(B)コウタケは、落葉広葉樹林のなかで日当たりのよい斜面の上方、道から離れたところでよく採られていました。空間線量率分布と見比べると、線量の高いところにも低いところにも採取適地があったことが分かります。

 

図2:外部被ばく線量が国の基準値未満となり訪問を再開できる割合の変化

図2:外部被ばく線量が国の基準値未満となり訪問を再開できる割合(%)の変化。山に入る頻度の違いを色で、採取対象種の違いを記号で示しています。種ごとの採取適地分布の違いの影響が僅かにみられるものの、空間線量率の低下のなかで、低頻度の訪問ならより早期の再開が期待できます。

お問い合わせ先

【研究推進責任者】
森林総合研究所 研究ディレクター 宇都木 玄
【研究担当者】
森林総合研究所 東北支所 松浦 俊也
【広報担当者】
森林総合研究所 広報普及科広報係
【取材等のお問い合わせ】
相談窓口(Q&A)E-mail:QandA@ffpri.affrc.go.jp
電話番号:029-829-8377(受付時間:平日9時30分~12時、13時~16時30分)

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8377

FAX番号:029-873-0844