森林総合研究所 所報 bV4・2007-5
 
おしらせ 人工衛星で日本の林野火災を早期発見
平成19年度多摩森林科学園森林講座のお知らせ


◇人工衛星で日本の林野火災を早期発見 
  林野庁の「林野火災対策に係わる研究調査事業」を受託した森林総合研究所は、日本の林野火災を発見・通報するシステムを開発し、運用を開始しました。
  このシステムでは、(1)林野火災の危険度を示す植生の乾燥度を予測した情報の提供と、(2)人工衛星で発見した林野火災発生情報の関係機関への提供を行います。どちらの情報もwebサイトで誰でも確認できます。
  乾燥度情報は人工衛星テラ(TERA)で得られた前の週までの乾燥情報をもとに予測して更新しています。林野火災発生情報に利用している人工衛星はノア(NOAA)、テラ(TERA)、アクア(AQUA)などの衛星で、利用可能な全ての観測データを高速に処理していますので、1日10回程度の観測機会があります。なお、火力発電所などの高温地点(ホットスポット)もweb上では示されていますが、防災担当機関への火災通報では除いています。
  これらの機能によって、森林地帯での火の取り扱いの注意喚起や、人間の通報が遅れる奥山での火の不始末を早期に発見して、林野火災を低減させることを期待しています。 


 林野火災発見・通報サポートシステム
 http://hinomiyagura.dc.affrc.go.jp/
植生の乾燥度
植生の乾燥度(上)と林野火災発見(下)
林野火災発見
 


◇平成19年度多摩森林科学園森林講座のお知らせ
 
7月6日(金)
木の長寿の秘訣を探る

  長生きのための木の様々な工夫を紹介しながら、木の内部の構造と役割についてお話しします。

森林講座7月

講師:黒田 克史 (木材特性研究領域主任研究員)

開講時間は13:15〜15:00です。

受講料は無料ですが、入園料として、大人300円、子供50円(小〜高校生)が必要です。



お申し込み方法

  往復はがきに、1)受講したい講座名、2)住所、3)氏名、4)年齢、5)職業、6)電話番号をお書きの上、下記宛先へお申し込みください。申し込みの締切りは、講座日の2週間前までです。


申込先・問い合わせ先
  〒193-0843  東京都八王子市廿里町1833-81
    多摩森林科学園  TEL:042-661-0200


交通
  JR中央線・京王線高尾駅北口から徒歩約10分。
駐車場がありませんので、お車でのご来園はご遠慮ください。

巻頭言][What's New][プレスリリース][おしらせ
[所報トップページへ]