森林総合研究所 所報 bW3・2008-2
 
おしらせ 森林総合研究所研究報告Vol.6−No.4(通巻405号)刊行(2007年12月発行)


◇森林総合研究所研究報告Vol.6−No.4(通巻405号)刊行(2007年12月発行) 
 
論文
 ・森林による炭素吸収量算定のためのパラメータとしての容積密度数とその変動(英文) 
   藤原 健・山下香菜・黒田克史
 ・沖縄島から日本未記録のコメツキムシ科の属、Hemiopsの1新種(英文)
   大平仁夫・槙原 寛

短報
 ・国内担子菌からの選抜によるPleurotus pulmonarius(ウスヒラタケ)のダイオキシン分解(英文)    
   山口宗義・亀井一郎・中村雅哉・高野麻理子・関谷 敦
 ・オクヤマザサ部分開花集団における開花桿の動態(英文)
   北村系子・河原孝行

研究資料
 ・高知県鷹取山植物群落保護林においてエタノールで誘引された養菌性キクイムシ類
   伊藤昌明・佐藤重穂・梶村 恒
 ・茨城県北東部の森林においてマレーズトラップで採集されたセミ類
   井上大成・後藤秀章・牧野俊一・岡部貴美子・大河内勇・浜口京子・末吉昌宏・加賀谷悦子
 ・妙高・幕の沢における積雪・気象観測資料(2000年〜2007年8冬期)
   竹内由香里・村上茂樹・庭野昭二

森林総合研究所研究報告Vol.6-No.4(通巻405号)
森林総合研究所研究報告Vol.6-No.4(通巻405号)

巻頭言][What's New][プレスリリース][報告][おしらせ
[所報トップページへ]