文字サイズ
縮小
標準
拡大
色合い
標準
1
2
3

森林総研トップ

ホーム > 研究紹介 > 研究成果 > 今月の一枚 > №296:アセビ

更新日:2021年3月29日

ここから本文です。

今月の一枚(№296):アセビ

皆伐地で花を咲かせるアセビ

写真1 皆伐地で花を咲かせるアセビ

 

アセビの白い花

写真2 アセビの白い花

 

 アセビ(ツツジ科アセビ属)

 学名 Pieris japonica

 本州、四国、九州に分布する常緑低木です(写真1)。やや乾いた明るいところによく生えており、尾根筋の登山道でアセビばかりが並んでいることがあります。本種は有毒植物で、漢字では「馬酔木」と書かれます。近年、全国的に個体数の増加が問題になっているニホンジカもアセビは食べないので、皆伐地にアセビがたくさん茂っているということもあります。

 有毒植物と聞けばなんだか恐ろしいですが、白い壺を逆さにしたようなかわいい花を咲かせます(写真2)。庭木にされる品種では、ピンク色や赤みの強い花を咲かせるものもあるようです。

 写真・文 大谷達也 2021年3月1日 高知県香美市にて撮影

お問い合わせ

所属課室:四国支所地域連携推進室 

〒780-8077 高知県高知市朝倉西町2-915

電話番号:088-844-1121 

FAX番号:088-844-1130

Email:koho-ffpri-skk@gp.affrc.go.jp