文字サイズ
縮小
標準
拡大
色合い
標準
1
2
3

森林総研トップ

ホーム > 研究紹介 > 研究成果 > 今月の一枚 > №294:ツチトリモチ

更新日:2020年12月23日

ここから本文です。

今月の一枚(№294):ツチトリモチ

tutitorimoti1

写真1.照葉樹林の林床に生育するツチトリモチ

tutitorimoti2

写真2.ツチトリモチの花序(赤い花穂と赤茶色い鱗片葉)

 

ツチトリモチ(Balanophora japonica、ツチトリモチ科ツチトリモチ属)

 南日本に分布する寄生植物です。高知県四万十町にある市ノ又試験地では毎年11月下旬に毎木調査をしています。その際、プロット内で必ずツチトリモチの花穂が見られます(写真1)。本種はハイノキ属の根に寄生するとされるので、市ノ又試験地ではハイノキ(Symplocos myrtacea)やクロキ(S. prunifolia)の根についていると考えられます。

 ツチトリモチの花穂は一見するとなにか赤い実が落ちているように見えますが、少し土を除けてみると確かに下から伸びてきているのがわかります(写真2)。出始めの花序では白っぽい雌しべの先端が観察できるようですが短期間しか見られず、写真のような状態のものはわりと簡単に見つかります。

 本種と同じような全寄生(葉緑素がなくて自分ではまったく光合成をしない)の被子植物は日本ではほかに、ヤッコソウ(Mitrastemon yamamotoi)やナンバンギセル(Aeginetia indica)などがあります。

 写真・文 大谷達也 2020年11月25日 高知県四万十町にて撮影

お問い合わせ

所属課室:四国支所地域連携推進室 

〒780-8077 高知県高知市朝倉西町2-915

電話番号:088-844-1121 

FAX番号:088-844-1130

Email:koho-ffpri-skk@gp.affrc.go.jp