文字サイズ
縮小
標準
拡大
色合い
標準
1
2
3

森林総研トップ

ホーム > 研究紹介 > 研究成果 > 今月の一枚 > №283:ヤマシャクヤク

更新日:2019年8月21日

ここから本文です。

今月の一枚(№283):ヤマシャクヤク

yamasyakuyaku1yamasyakuyaku2

 

ヤマシャクヤク ボタン科ボタン属(Paeonia japonica)

 

 スギ林の沢筋でひっそりと咲いていました。白い大きな花がとても目立ちます。

 「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」と言われる「芍薬」の野生種が

ヤマシャクヤクですが、牡丹の仲間なのでやはり立派な花ですね。

 大きな柱頭が花の後に熟し、秋には果実ができます。花によってめしべの数が1本

だったり4本だったりだいぶちがうようです。

 

写真・文 大谷達也 2019年5月8日 高知県大豊町で撮影

お問い合わせ

所属課室:四国支所地域連携推進室 

〒780-8077 高知県高知市朝倉西町2-915

電話番号:088-844-1121 

FAX番号:088-844-1130

Email:koho-ffpri-skk@gp.affrc.go.jp