ホーム > 今月の自然探訪 > 自然探訪2005年 掲載一覧 > 自然探訪2005年7月 トウカエデうどんこ病

更新日:2010年6月1日

ここから本文です。

自然探訪2005年7月 トウカエデうどんこ病

トウカエデうどんこ病(Oidium sp.)

植物の芽や葉が白く粉をふいたような状態になることがある。これをうどんこ病という。うどんこ病は世界でも非常に有名な植物病害の一つで、1万種以上の植物で発生が報告されている。この病気の原因は糸状菌で、症状が軽い時は特に問題にならないが、時として宿主の葉を枯死させてしまう。うどんこ病菌の種類数は非常に多いが、宿主範囲は狭いため、いくつかの種類は植物と共進化してきたと考えられている。写真はトウカエデのうどんこ病である。つくば市の街路樹に多数発生しており、梅雨の前後頃から被害が目立つようになる。

トウカエデうどんこ病

 自然探訪 前の月へ 自然探訪 次の月へ

過去の自然探訪掲載一覧はこちら

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8377

FAX番号:029-873-0844