ホーム > 今月の自然探訪 > 自然探訪2007年 掲載一覧 > 自然探訪2007年3月 イスノキ

更新日:2010年6月1日

ここから本文です。

自然探訪2007年3月 イスノキ

イスノキ(Distylium racemosum Siebold et Zucc.)

 

関東南部から沖縄、東アジア南部に分布するマンサク科の常緑広葉樹。常緑樹林の樹冠をつくる優占種のひとつで、成長すると高さ25m胸高直径80cm以上にもなる。緻密な材は優良で建築材や器具材に用いられることから、暖地における重要な林業樹種とされている。剪定に強いので、暖地では庭木として用いられることもある。葉は長さ3~7cm、革質、全縁であり、形の上ではやや特徴に乏しいが、葉にアブラムシによる虫こぶ(虫えい)がつくことが大きな特徴となっている。この虫こぶを使って「ヒョウ」と音を鳴らすことが出来るのでヒョンノキとも呼ばれる。雌雄同株でひとつの花序の上部に両性花、下部に雄花をつける。写真では2本赤い花柱をもつ両性花がよくわかる。

 

 

 

イスノキ

 自然探訪 前の月へ 自然探訪 次の月へ

過去の自然探訪掲載一覧はこちら

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8377

FAX番号:029-873-0844