文字サイズ
縮小
標準
拡大
色合い
標準
1
2
3

森林総研トップ

更新日:2021年1月1日

ここから本文です。

もりゼミ

森林総合研究所東北支所の研究員が不定期に行っている自主ゼミです。
演者の所属、テーマなどに制限はありません。
時には当支所へのお客様にも話題を提供していただいています。
発表テーマに興味をお持ちになった方、どうぞご遠慮なくお越しください。
また、もりゼミ開催案内の配信をご希望の方は幹事までご連絡ください。

 次回の予定

令和3年1月25日(月)午後3時15分から

今、話しておきたいこと ---植生史の視座を交えて---

髙橋 利彦(育林技術研究グループ 非常勤 / 木工舎「ゆい」代表)

【前口上】定年とは無関係の生活を、と脱サラし自営の道を選んだはずが、
ひょんなことから支所の非常勤となり、ついにはここでの「定年」を迎えることとなってしまいました。
現地雇用の時代を合わせると20年間にも及ぶ野外調査や内業の折々につらつら考えてきたことの中から、
この機会にこれだけは言い残しておきたい、ということを話したいと思います(といっても、
○○さんのデータはおかしい、とか△△さんにパワハラされた、などという告発・暴露話ではありません。ご安心下さい)。
題して、
I   ”ポチ能力”を磨こう という話
II  ササはジャマモノ!! か? という話
III 「宮脇生態学」はどこが間違っているか
 という話の三つです。本来であればここには発表要旨が記されるはずなのですが、もとより研究テーマのあるまとまった話ではありませんので、
題だけでご容赦下さい。三題噺ではないのでオチはない(はず)ですが、何かしら心に引っ掛かっていただけることになれば幸いです。


*** 参加される際、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、以下の点についてご協力をお願いいたします。
・東北支所外から参加される方は、もりゼミ幹事に事前に氏名、住所、連絡先をお知らせください。
これらの個人情報は、新型コロナウイルス感染者が発生した場合に感染経路を特定するため保健所等からの照会に対し使用するもので、他の目的には使用しません。
・会場内ではマスクの着用、咳エチケットなどの一般的な感染症対策をお願いいたします。
・咳・発熱などの症状がある方、体調に不安のある方、新型コロナウイルス感染者や感染の疑いが高い方に濃厚接触のあった方はご参加をご遠慮ください。
*** みなさまのご参加をお待ちしております。 森下智陽

 


 

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

所属課室:東北支所 担当者名:森林生態研究グループ 直江 将司、森林環境研究グループ 森下 智陽

〒020-0123 岩手県盛岡市下厨川字鍋屋敷92-25

電話番号:019-641-2150 (代表)

FAX番号:019-641-6747