文字サイズ
縮小
標準
拡大
色合い
標準
1
2
3

森林総研トップ

ホーム > 見学案内 > 桜情報 > 福島復興を応援する新しい八重桜‘はるか’

ここから本文です。

桜情報

サクラ保存林は、各地の著名なサクラの遺伝子を保存するために昭和41年に設置が決まりました。

現在8ヘクタールの面積に江戸時代から伝わる栽培品種や国の天然記念物に指定されたサクラのクローンなど、全国各地からのサクラ約1400本程度が植えられています。同時に導入されていない品種の収集や、分類の見直し、保存方法、生理的反応などの研究も進めています。咲く時期は種類によっていろいろで、2月下旬から4月下旬にかけて順次見頃となります。

サクラ保存林開花情報

3月から4月にかけて園内の主なサクラの開花情報をお知らせしています。

春の特別企画

科学園の2018年春のテーマは「老大木を知る楽しみ」です。 詳細はタイトルをクリックしてください。

サクラ巡りを楽しみましょう

多摩森林科学園サクラ保存林の散策ガイドです。

福島復興を応援する新しい八重桜‘はるか’

‘はるか’は福島復興を応援するシンボルとして、大河ドラマ「八重の桜」に因んで命名された新しい八重桜の品種です。詳しくはこちら(PDF:1,631KB)

‘はるか’に関するプレスリリース(2013年3月27日)(PDF:346KB)

サクラ開花ビジュアルマッピング

森林総合研究所では、全国に配置されている支所等に植栽されている各種のサクラの開花情報をビジュアルマッピングの形によりホームページ上で提供します。2018年の更新を開始しました。

 

hozonrin


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。