• ホーム
  • 見学案内
  • 科学園紹介
  • お問い合わせ
  • 森林総研トップ

科学園紹介 > 沿革

ここから本文です。

沿革   

多摩森林科学園は、1921年(大正10年)2月に宮内省帝室林野管理局林業試験場として発足し、2011年で90周年となりました。

写真のような立派な庁舎が完成したのは、設立の翌年のことでした。以後、御料林の経営に関わる試験・研究を行ってきましたが、1945年(昭和20年)8月1日の八王子大空襲により、庁舎や実験室の大部分を消失しました。

その後、「分室」、「実験林」と名称は変わりながらも研究を続け、1988年(昭和63年)に「多摩森林科学園」となりました。いまのような形で一般公開を始めたのは、1992年(平成4年)です。

現在は我が国最大の森林・林業・木材産業に係わる研究機関である国立研究開発法人森林総合研究所の支所の一つとして、都市近郊林が有する多面的機能を発揮させるための管理・利用技術の開発や、動植物の多様性保全・生態系の役割解明、サクラの遺伝資源に関する研究などを行っています。

また、森林総合研究所が蓄積してきた研究成果を基に、広く国民の皆様に森林・林業・木材産業についての理解を深めていただくための普及・広報活動を行うとともに、園内の樹木園・試験林・サクラ保存林などを活用して、研究資料の提供や研鑽の場としても大きな役割を果たしています。

園内の森林は、江戸時代には幕府直轄地であり、明治以降には御料林として公的に管理・保護されてきたため、薪炭林として利用されるようなコナラの二次林は少なく、逆に、この地方に潜在的にあったと考えられる、モミやスダジイなどの常緑樹が多く見られる、という特徴があります。

 

enkaku

 

 

和暦 事項

大正10年2月

宮内省帝室林野管理局林業試験場として設立

昭和15年1月

帝室林野局東京林業試験場と改称

昭和22年4月

林政統一により農林水産省に移管、林業試験場浅川支場と改称

昭和32年7月

林業試験場浅川実験林と改称

昭和63年10月

森林総合研究所多摩森林科学園と改称

平成13年4月

独立行政法人森林総合研究所多摩森林科学園に移行

平成13年4月

多摩試験地を本所から移管

平成18年4月

赤沼試験地を本所から移管

平成18年10月

多摩試験地を連光寺実験林、赤沼試験地を赤沼実験林と改称

平成27年4月

国立研究開発法人森林総合研究所多摩森林科学園に移行