• ホーム
  • 見学案内
  • 科学園紹介
  • お問い合わせ
  • 森林総研トップ

見学案内 > 園内のみどころ > けものの気配を感じてみよう

ここから本文です。

けものの気配を感じてみよう

森の科学館1階には、多摩森林科学園に生息している哺乳類15種(タヌキ、アナグマ、キツネ、ハクビシン、アライグマ、テン、ニホンノウサギ、イノシシ、ニホンジカ、ムササビ、ニホンリス、アカネズミ、アズマモグラ、ヒミズ、イエコウモリ)のはく製が、展示されています。ここは高尾山や陣馬山と連続した山林であるため、多くの種類の哺乳類が西側の山地から侵入してきます。そのため、本州の低地林に分布する哺乳類のほとんどが生息します。しかし、東側は市街地に接しているため、外来生物であるアライグマ、ハクビシン、ペットのネコなど人間生活の影響も受けています。開園している昼の時間帯にけものに会うことは難しいですが、けものたちのくらしを知る痕跡を見つけることはできます。園内の各所に痕跡を表示したスポットを設けていますので探してみてください。たとえば最近では、イノシシの堀り跡や泥浴び場がたくさんあるので、イノシシが増えている現状や、サクラ保存林・樹木園での被害の様子を見ることができると思います。

多摩森林科学園に生息する動物は時代とともに変化してきています。ハクビシンは1981年に、アナグマは1992年に、アライグマは2005年に初めて確認されるようになりました。また、イノシシは1999年から、シカは2013年から確認されるようになりました。人間生活との関わりの中で、けものたちの生活も変化していることが分かります。なかでも、近年各地で増加しているイノシシ、ニホンジカ、アライグマが高尾山塊でも増加し、その影響で多摩森林科学園でも見られるようになりました。人間生活とけものの生息地とのちょうど交差点にあたる多摩森林科学園では、野生生物が市街地へ侵出しないように、また市街地の動物が奥地へ侵入しないように、適切な管理を目指しています。

ハクビシン

ハクビシン

木登りアライグマ

木登りアライグマ

イノシシ

イノシシ

 

 

イノシシの掘り起こし

イノシシの掘り起こし

タヌキのためふん

タヌキのタメ糞

イノシシのぬた場

イノシシのヌタ場(泥浴び場)

もぐらの塚

モグラの塚

 

また、樹木園ではムササビの生態を学ぶためのムササビスポットがあります。大きな木を滑空しながら暮らすムササビは、市街化に追われて生息地が減少している種類の一つです。樹木園ではムササビの 食痕、巣穴、フンなどが観察できます。森の科学館にムササビ学習のためのパンフレットがありますので、ご利用ください。森の科学館には、園内で繁殖したムササビのかわいらしい子育て映像もあります。

子ムササビ

ムササビの赤ちゃん