• ホーム
  • 見学案内
  • 科学園紹介
  • お問い合わせ
  • 森林総研トップ

見学案内 > 園内のみどころ > 森の野鳥を見に行こう

ここから本文です。

森の野鳥を見に行こう

高尾駅の近辺は、町でも見られるスズメやカラス、ムクドリ、ドバトなどですが、駅から徒歩10分の園内に入ってくると、樹木が豊富にあって、鳥の種類も変わってきます。

野鳥は夏鳥、冬鳥、留鳥など、季節によって見られる種類が違います。

2010-2011年の調査とその後の観察から、パンフレット「多摩森林科学園の野鳥ガイド」を作りました。年間で62種の名前があがっています。

もっといるかもしれませんが、とりあえず確認できた種類のみをあげています。「多摩森林科学園の野鳥ガイド」は「森の科学館」の中に置いてありますので、どうぞご自由にお取り下さい。

野鳥パンフレット表

野鳥パンフレット裏

園内にはところどころに「野鳥観察ポイント」の看板があります。鳥が見られそうなところに置いているつもりですが、池に浮かんでゆっくり餌をついばむハクチョウやカモと違って、山の鳥はいろいろな場所を自由に活発に動き回るものですから、必ず見られるというわけにもいきません。ちらっと見ただけでは何という鳥かもわからないことが多いものです。また、姿が見えず、声が聞こえるだけの場合もあります。

初心者の方は、どなたか鳥をよく知っているご友人といっしょにおいでになるのが確実と思います。

野鳥観察ポイント

野鳥観察ポイントの解説板

「森の案内人」も、鳥に気づいた時にはお知らせ出来ますが、植物の解説などをお話しながら歩いていると、人が来るのに気づいて鳥が逃げていってしまうことが多いので

「森の案内人」のガイドツアーは野鳥の観察には不向きかもしれません。

 

野鳥の観察は秋から冬がおすすめだと思います。

夏よりも冬のほうが見られる鳥の種類がやや多いということもありますし、冬は落葉樹の葉が落ちてしまうので、枝にとまった鳥を見つけやすいということもあります。

双眼鏡とポケット図鑑は持参されたほうがよいでしょう。

最初は何という鳥なのかよくわからなくても、またなかなか見つけられなくても、ひとつずつわかるようになってくると、野鳥の観察はとても楽しいものです。 

ジョウビタキ雄

ジョウビタキ雄(冬鳥)

シロハラ

シロハラ(冬鳥)

ヤマドリ

ヤマドリ(留鳥)

キビタキ幼鳥

キビタキ幼鳥(夏鳥)

カワセミ雌

カワセミ雌(留鳥)

ミヤマホオジロ

ミヤマホオジロ(冬鳥)

ウソ

ウソ(冬鳥)

エナガ

エナガ(留鳥)

コゲラ

コゲラ(留鳥)

鳥たちは森作りにも一役買っています。

木の実を食べる鳥たちは、果肉は食べるけれども固い種子は糞として排出することが多く、種子は遠くまで運ばれて新しい場所で発芽します。

また、虫を食べる鳥たちは、サクラの葉を食べる様々な蛾の幼虫などが極端に増えてしまうことを抑制しています。

鳥たちとタネのことは、森の科学館の展示でご覧ください。 

科学館野鳥展示

森の科学館の展示(動物と種子)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。