• ホーム
  • 見学案内
  • 科学園紹介
  • お問い合わせ
  • 森林総研トップ

見学案内 > 園内のみどころ > 樹木の楽しみ方ガイド

ここから本文です。

樹木の楽しみ方ガイド

多摩森林科学園には7ヘクタールの樹木園があります(1ヘクタールというのは100m四方で、野球のコート1個分です)。

ここには昭和の初期から国内外の樹木が植えられ、2013年現在、自生の樹木とあわせて約500種、3500本あります。

樹木園は古くからの樹木園である第1樹木園、サクラ保存林への連絡経路にもなっている第2樹木園、もともと林業用樹木の試験林だった第3樹木園に分かれています。

来園前に、多摩森林科学園のブログをのぞいてみて下さい。園長以下研究員、解説員による最新の話題を紹介しています。

来園されましたら、樹木園をまわる前に、ぜひ森の科学館にお立ち寄りください。今見られる生きものの情報(ホワイトボードの地図に書いてあります)や、森の基礎知識などを展示しています。

森の科学館に立ち寄るメリットはそれだけではありません!園内を観察するのに役立つ、いろいろなガイドマップをご用意しています。申し訳ありません。)樹木園については、以下のガイドがあります。

★「樹木園観察ガイド」 (ただいま在庫がない状況です。申し訳ありません。)

第1および第2樹木園で、解説板を見ながら半日くらいで、モデルコース(現地に案内標識はないので、ガイドの地図を見ながら回ってください)をまわりながら樹木を観察できます。

樹木園にはたくさんの種類の樹木がありますが、それらの中から、3つのテーマを設定してガイドをつくりました。

テーマは「日本の森林を代表する樹木」、「人の役に立つ樹木」、「多摩地域で身近な樹木」です。お好みのガイドを手に持って(全部でもOKです!)、解説板をまわってみて下さい。

植物の研究スタッフによる、図鑑には書いていない"現場目線"の説明もあります!  

樹木園観察ガイド1 樹木園観察ガイド2 樹木園観察ガイド3

 

★「森のポスト」

第2樹木園には、10箇所にパネルと白い箱を付けた森のポストがあり、対応するガイドも用意しております。

パネルには、その木の名前や花・実・葉の様子、木材の特徴などの説明があり、白い箱の中には、その樹木と私たちのつながりなどを示す、ジオラマや模型が入っています。

身近な樹木の、新たな一面を発見してみませんか。

森のポスト

情報とガイドマップを手に入れましたら、樹木園に行ってみましょう。

ルートは、初めての方はガイドマップのコースに沿って回るといいでしょう。ただし、現地に順路の表示はありません。

それは、慣れた方にはいろんな歩き方を楽しんでいただきたいからです。

「樹木園観察ガイド」では、まず第1樹木園から歩いていただきます。

園内各所には、写真のような樹木の解説板が設置されています。

解説板

第2樹木園には、解説板のほかに、森のポストも設置されています。

森のミニ展示室

野外に実物を展示してしまおうという、新しい試みです。ぜひ、お楽しみください。

半日で回られる方は、これで終了です。

 

もっと楽しみたいという方は、サクラ保存林や第3樹木園にもぜひ足を延ばしてください。

サクラ保存林や第3樹木園には観察ガイドや森のポストはありませんが、樹木の解説板は設置してあります。

どの道を歩いても解説板があるように広く設置してありますので、ぜひ現地で読んでみてください。

樹木園

 

サクラ保存林は、サクラの木を中心に育てていますが、サクラ以外の樹木もあり、サクラの開花期以外はとても静かです。

釣船草通りではアブラチャンなど沢筋の樹木、遠見通りではカヤなどが見られます。

 

第3樹木園に行くには、坂道を上る必要があります。その代わり、里山の植物を静かに観察できます。

第3樹木園はヤツガタケトウヒ、テーダマツなど針葉樹を中心にした見本林だったのですが、近年の台風などで大きな被害を受けてしまいました。

今後はもともと多い里山の植物を活かして、雑木林として再生することを考え、若木を育てています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。