ホーム > 研究紹介 > 職員の著書 > Forest Radioecology in Fukushima -Radiocesium Dynamics, Impact, and Future-(森林の放射線生態学 ―放射性セシウムの動き、生態系や社会への影響、そして未来―)

更新日:2022年6月30日

ここから本文です。

Forest Radioecology in Fukushima -Radiocesium Dynamics, Impact, and Future-
(森林の放射線生態学 ―放射性セシウムの動き、生態系や社会への影響、そして未来―)

「森林の放射線生態学 ―放射性セシウムの動き、生態系や社会への影響、そして未来―」表紙の写真

  • 著者:橋本昌司 、小松雅史、三浦覚
  • 発行:Springer Nature Singapore Pte Ltd.
  • 定価:Open Access (eBook)、 7149円 (Hardcover)、5719円 (Softcover)
  • 発行:2022年6月
  • ISBN:978-981-16-9404-2 (eBook) 978-981-16-9403-5 (Hardcover) 978-981-16-9406-6 (Softcover)
  • URL:https://link.springer.com/book/10.1007/978-981-16-9404-2
  • 内容:本書は、2021年に出版した「森林の放射線生態学」 の英語版です。本書は福島第一原子力発電所事故から10年の調査研究で得られた知見を海外にも広く知ってもらうために出版されました。事故によって引き起こされた森林の放射能汚染のこれまでとこれからを考えるため、放射性セシウムの森林内での動態に加え、生態系や地域社会への影響、実施された対策など、多岐にわたる情報を取りまとめています。英語版では、図版のカラー化、冒頭のQ&A形式のファクトシートの追加、巻末の国内外の参照すべき関連情報の拡充を行いました。電子版はオープンアクセスとなっており、全文を無料で読むことが可能です。

Table of contents
Front Matter (Foreword/Preface/Fact sheet)
Chapter 1. Radioactive Materials Released by the Fukushima Nuclear Accident
Chapter 2. Basic Knowledge to Understand Radioactive Contamination
Chapter 3. Behavior of Radiocesium in the Forest
Chapter 4. Forest Ecosystems and Radioactive Contamination
Chapter 5. Radiation Protection and Criteria
Chapter 6. Impacts of Radioactive Contamination of Forest on Life
Chapter 7. The Future of Forests in Fukushima: How Should We Face Radioactive Contamination of Forests
Back Matter (References/Key reports and web pages/Index)

 

  • このページでは職員の著書を紹介しております。ご購入にあたっては書店や発行元にお問い合わせください。