ホーム > イベント・セミナー > 公開ワークショップ「半炭化技術による木材利用の新展開」

更新日:2018年1月31日

ここから本文です。

公開ワークショップ「半炭化技術による木材利用の新展開」

農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業「半炭化処理による高性能木質舗装材の製造技術開発」の成果発表、ならびに、パネル討論会にて木材をマテリアル、エネルギー用途に高性能化する「半炭化処理」の特徴とその導入状況、今後の展開を議論します。人数限定で試験施工した開発品の見学会も実施します。是非この機会にご参加下さい。

開催日時

2018年3月2日~2018年3月3日  (ワークショップ3月2日, 見学会3月3日)

主催・共催等

主催:国立研究開発法人森林研究・整備機構 森林総合研究所
共催:奈良県森林技術センター、東北工業大学、ニチレキ株式会社、有限会社地域資源活用研究所
後援:公益社団法人日本木材保存協会

内容

【ワークショップ】
平成30年3月2日(金曜日) 14時から17時
会場:奈良県立橿原文化会館 小ホール(奈良県橿原市北八木町3-65-5、近鉄 大和八木駅から徒歩3分)http://kashibun.jp/access/(会場案内)

<プログラム>
14時00分 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業「半炭化処理による高性能木質舗装材の製造技術開発」成果報告
15時00分 パネル討論会(司会 古田 裕三氏(京都府立大学)、野呂 治氏(農林水産省産学連携支援コーディネーター))
パネリスト
伊藤 貴文 氏(京都府立大学・元奈良県森林技術センター)
鈴木 康夫 氏(東北福祉大学・元宮城県工業技術センター)
本庄 孝子 氏(元 産業技術総合研究所)
大高 円 氏(一般社団法人電力中央研究所)
増井 芽 氏(株式会社アクトリー)

【見学会】
平成30年3月3日(土曜日)9時から12時(マイクロバスで移動予定、定員20名)
9時 近鉄壺阪山駅集合、木質舗装材試験施工箇所視察(奈良県森林技術センター、大和民俗公園)、12時 近鉄郡山駅にて解散

費用

無料

申込方法

【ワークショップ】参加申し込み不要です。当日会場へ直接お越し下さい。
【見学会】<お問い合わせ先>のメールアドレスあてに、件名を「半炭化ワークショップ申込」とし、本文に、参加を希望する旨、およびご所属、ご氏名、当日連絡の取れる電話番号を明記し2月20日(火曜日)までにお申し込み下さい。なお定員(20名)に達した時点で募集を締め切りますのでご了承ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

国立研究開発法人森林研究・整備機構 森林総合研究所
木材加工・特性研究領域
吉田 貴紘
Tel:029-829-8306
Fax:029-874-3720
E-mail:torrefaction-ws*ml.affrc.go.jp
(注:*は半角@に置き換えてください)

本ワークショップは農林水産省農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業にて実施します。