森林保険センター > 森林保険センターについて > 森林保険センターの取組 > 災害用備蓄食料をフードバンク活動団体に提供しました

更新日:2021年10月21日

ここから本文です。

災害用備蓄食料をフードバンク活動団体に提供しました

1貧困をなくそう 2飢餓をゼロに 12つくる責任つかう責任

森林保険センターでは、備蓄の役割を終えたもので賞味期限に余裕のある災害用備蓄食料の有効活用を図り、食品ロスを削減するため、令和3年6月8日にフードバンク活動団体に提供いたしました。
  1. 概要
    森林保険センターでは、災害時に備えて食料の備蓄を行っています。そのうち、入替時期が到来したもので賞味期限に余裕のある食料について、フードバンク活動団体に提供しました。
    フードバンク活動は、フードロスの削減と食品を必要とする方々への支援であることから、持続可能な開発目標(SDGs)の17の目標のうち、「1.貧困をなくそう」「2.飢餓をゼロに」「12.つくる責任つかう責任」の達成にも貢献するものです。
  2. 提供内容
    (1)提供品目・個数
    ・マジックパスタ40食
    ・マジックライス80食計120食
    (2)提供先
    ・フードバンクかわさき(非営利型一般社団法人ファースト・ステップ)
    (3)提供時期
    ・令和3年6月8日

お問い合わせ

所属課室:森林保険センター保険総務部保険企画課

〒212-0013 神奈川県川崎市幸区堀川町66番地2(興和川崎西口ビル9階)

電話番号:044-382-3500

FAX番号:044-382-3514

Email:hokenkikaku.fic@green.go.jp