ホーム > 研究紹介 > 研究組織 > 組織紹介(指導普及・海外協力部)

更新日:2024年5月8日

ここから本文です。

指導普及・海外協力部

海外協力部では開発途上国の林木育種に対する協力に必要な育種技術の開発や地球温暖化対策に役立つ耐乾燥性、耐風性などの特質を持った品種の選抜育種研究を行っています。

研究員

所属 キーワード
【海外協力課】  
大宮 泰徳(外部サイトへリンク) 環境適応、開花特性、組織培養、遺伝子機能
【西表熱帯林育種技術園】  
三浦 真弘(外部サイトへリンク)(園長) テリハボク、萌芽更新、個体群動態、森林生態学、種苗配布、林木育種

メリア(ケニア郷土樹種)のDNA分析

メリア(ケニア郷土樹種)のDNA分析

 

テリハボク耐塩性試験

テリハボク耐塩性試験

 

アカシア属の育種技術(人工交配技術)の確立

アカシア属の育種技術
(人工交配技術)の確立

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究内容

  • 国際的な技術協力や共同研究を通じた林木育種技術の開発
  • 海外の林木育種に関する技術指導

主なプロジェクト

  • ケニア国「持続的森林管理・景観回復による森林セクター強化及びコミュニティの気候変動レジリエンスプロジェクト」林木育種コンポーネン(R3~R8)

海外に対する林木育種技術協力

お問い合わせ

所属課室:森林総合研究所林木育種センター育種企画課 

〒319-1301 茨城県日立市十王町伊師3809-1

電話番号:0294-39-7002

FAX番号:0294-39-7306

Email:ikusyu@ffpri.affrc.go.jp