ホーム > 研究紹介 > トピックス > 職員の受賞・表彰 > 日本森林学会論文賞(山本 伸幸)

更新日:2021年4月16日

ここから本文です。

日本森林学会論文賞(山本 伸幸)

1.受賞名 日本森林学会論文賞(受賞日:2021年3月21日)
2.受賞者の氏名、所属

山本 伸幸(林業経営・政策研究領域)

3.受賞理由

論文「日本における森林計画制度の起源」の森林科学の学術分野および林業、林産業などの裾野の広い社会分野への貢献

4.受賞対象研究の紹介

現代日本の森林管理に大きく影響を与える森林計画制度の起源を明らかにするため、1939(昭和14)年森林法中改正と敗戦後の連合国軍最高司令官総司令部(GHQ/SCAP)主導の占領期林政の2時点に焦点を当て、制度の形成過程とそれに携わった政策担当者らの言説を中心に分析を試みた。その結果、1939年森林法中改正は施業案制度を私有林にまで拡げるものであり、森林簿等の技術的仕組みを含め、現在の森林計画制度を用意した原点といえることが分かった。一方、1939年森林法中改正の評価については、特に戦時体制との関連で、政策担当者らの間でも分かれる。そのため、1939年森林法中改正の意義は戦後過小評価されてきた可能性がある。占領政策については、特にGHQ/SCAP文書中の「林業計画」が、森林計画制度成立の偶然を用意したことを指摘した。当時の政策担当者らの言説からは、占領政策との駆け引きの中で森林計画制度が成立し、戦後林政の中枢を占め続ける端緒となったことが明らかとなった。

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科広報係

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8372

FAX番号:029-873-0844