ホーム > 森林総合研究所について > 国際連携 > 共同研究 > 衛星観測データの解析技術等を活用したロシア極東における総合的かつ持続可能な森林情報システムの開発

更新日:2019年2月26日

ここから本文です。

衛星観測データの解析技術等を活用したロシア極東における総合的かつ持続可能な森林情報システムの開発

研究テーマに関連する上空写真

 

1.共同研究機関

ロシア側:沿海州農業アカデミー(沿海州地方・ウスリースク市)、ロシア科学アカデミー極東支部・地質学自然管理研究所(アムール州・ブラガベシェンスク市)
日本側:北海道大学北方生物圏フィールド科学センター、東京大学生産技術研究所、千葉大学、日本大学、信州大学、京都大学

2.研究期間

2017~2019年度 農林水産技術会議国際共同研究パイロット事業

3.責任者

松浦 陽次郎(国際連携・気候変動研究拠点)

4.研究の背景

冷温帯から亜寒帯に属する気候帯にかけて広がるロシア極東地域では、森林開発が進む一方で絶滅危惧種とされる動植物の分布域が重なっています。また、奥地への伐採活動に伴う人為起源の森林火災も頻発し、乾燥した春先から夏にかけて、広大な範囲を焼き尽くす森林火災が多発する年もあります。森林火災から発生する煙と煤による健康被害は遠く離れた都市域でも深刻化し、さらに視界不良による航空機離発着への影響も大きく、ロシア極東地域の住民への影響も懸念されています。森林火災影響や資源劣化の予測、森林の構造変化の評価など、基本的な知見の蓄積は、極東ロシアにおいては総合的な研究がほとんど進んでおらず、衛星データの解析手法と現場の生態学的な知見を取り入れた研究は進んでいません。

5.研究の目的

ロシア極東に広がる森林生態系の持続的な資源管理に資する、森林資源量(地上部・地下部)の把握手法、広域評価手法、時系列で資源量変化と変化要因を解明する手法を開発します。森林資源量を把握し、根系機能評価、年輪解析、森林の構造復元などの結果をもとに、森林生態系の資源量の変動と変動要因の関係を解明します。広域の評価として、森林火災履歴、植生変遷、資源量の変動を図化し、森林火災検知などに即応できるシステム、地上の検証データと統合して森林資源量の管理手法に資するシステムを提供します。

6.研究内容

アムール州北部(およそ北緯54度―東経127度)の自然保護林に調査地を設け、森林の現存量、細根生産速度、土壌有機炭素蓄積量などの推定を行っている。さらに、年輪情報による森林成長の気候応答パターンの検出、林分構造復元による林分の炭素蓄積パターンの解明、湿地堆積物の分析に基づく火災発生頻度推定と植生遷移の解明を進めている。
沿海州南部(およそ北緯43度―東経132度)の沿海州農業アカデミー所管の演習林に調査地を設けて、同様の調査を進める。
衛星データの解析に基づく広域評価を行うため、過去のデータを用いた時系列の森林資源量把握と、森林火災発生マップを作成する。

現地で調査している様子

カラマツ/カンバの混交林

現存量推定調査の様子

土壌断面の様子

7.期待される研究成果

本研究で得られる成果は、森林資源管理を行う行政府機関の担当者が、資源の取り扱いの決定をする際の判断材料となります。森林資源量推定に関しては、現状把握と過去の資源量の状態を解明する手法であり、森林の諸特性をリモセンで把握する部分の成果は、過去から現在までの履歴を図化して提示する。それらが現場の森林資源管理を進める際の判断材料となる。本課題で研究開発した手法は、たとえばウェブで一般公開する予定も視野に入れている。ロシア極東地域の森林災害の早期検出を衛星レーダーで行う実用化研究といえる。また、その森林災害の被害度を予測できるようにするため、今後の地球温暖化による影響(特に、森林災害に対する被害拡大予測)を広域で評価できるようになると考えられます。

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科広報係

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8372

FAX番号:029-873-0844

Email:kouho@ffpri.affrc.go.jp