地域の森林資源を用いて、世界で唯一の環境適合性を持つ、
スーパーエンジニアリングプラスチック相当のバイオベース材料を開発します。

ABOUT

研究コンソーシアム
高機能リグニンの目的

研究コンソーシアム「高機能リグニン」は、地域の森林資源を用いてスーパーエンジニアリングプラスチック相当の性能と、高い環境適合性を持つ新たなバイオベース材料の開発を行います。

急激な気候変動や海洋プラスチックなどの環境問題を背景に、世界中で様々なバイオマスプラスチックの研究開発が行われています。これまでのバイオマスプラスチックは、でんぷんやセルロースなどの糖系の資源から変換された素材が多く、汎用プラスチック代替として利用されますが、極めて高強度、高耐熱のスーパーエンプラ相当の高機能用途においては対応できていません。高機能プラスチックの多くは、ベンゼン環で構成された「芳香族系化合物」ですが、バイオマスでの代替は困難とされていました。 一方、バイオベースの芳香族系資源として「リグニン」と総称される植物細胞壁の成分があるのですが、バラツキが大きく、加工性や安定性に問題があり、高機能用途での工業材料化は達成されていません。

この状況は、希望の新素材「改質リグニン」の登場で変わりつつあります。改質リグニン(グリコールリグニン:GL)は、リグニンのばらつきとリグニン由来物の加工性の低さを、植物種の絞り込みと、グリコール系の薬液を用いることで解決した日本生まれの新しい素材です。 「高機能リグニン」は、GLの高度利用を中心とした研究開発を行うために結成された研究コンソーシアムです。バイオベースのスーパーエンプラとその製品群を開発することで、すべてのプラスチックのバイオプラ化を世界に先駆けて推進します。

研究コンソーシアム高機能リグニン代表 山田竜彦

高機能リグニン紹介映像
杉の森
GLYCOL
LIGNIN

希望の新素材、改質リグニンとは

「改質リグニン」は日本固有の樹木「スギ」から作るバイオ由来の新素材です。

「熱に強い」「加工しやすい」「環境にやさしい」という理想的な性質をもち、様々な製品の素材として利用できます。改質リグニンは、スギ材の中に3割ほど含まれる「リグニン」という成分を原料に製造されます。スギは日本にしかない日本固有の樹木です。改質リグニンは、国産資源の利活用を確かなものとします。

研究開発について
3Dプリンターのフィラメント 炭素繊維強化材 改質リグニンパウダー
NEWS &
EVENTS

ニュース・イベント情報

2024.3.2
NPO法人 才の木 トークカフェ(東京大学中島ホール)驚きの木の使い方~バイオプラスチック実用化の最前線~で講演を行います。
講演「高機能材料へ展開できるバイオプラスチックを目指した木の使い方」山田代表
参加費無料、要参加登録、会場もしくはZOOM
2024.1.31-2.2
グリーンマテリアル2024(東京ビッグサイト)にブース出展し、公開セミナーを行いました。
セミナー「リグニン系素材の最前線」山田代表、山下先生(東京工科大学)
2024.1.25
【関係者のみ】研究コンソーシアム「高機能リグニン」の運営委員会を開催しました。
2023.11.27
【関係者のみ】令和5年度リグニンネットワーク見学会「森林資源と改質リグニンの供給」を行いました。
2023.11.20-22
アグリビジネス創出フェア 2023(東京ビッグサイト)にブース出展し、最新のサンプル展示およびメインステージでのセミナーを行いました。
セミナー「日本発!森林由来の新素材「改質リグニン」のポテンシャル」山田代表、山下先生(東京工科大学)
2023.11.2
【関係者のみ】研究コンソーシアム「高機能リグニン」チーム2の推進会議を開催しました。
2023.10.30
【関係者のみ】研究コンソーシアム「高機能リグニン」チーム1、チーム3の推進会議を開催しました。
2023.8.28
【関係者のみ】令和5年度リグニンネットワーク「夏のセミナー」を開催しました。
2023.6.1
【関係者のみ】研究コンソーシアム「高機能リグニン」の推進会議を開催しました。
2023.5.19
【関係者のみ】研究コンソーシアム「高機能リグニン」チーム1の推進会議を開催しました。
2023.5.12
【関係者のみ】研究コンソーシアム「高機能リグニン」チーム2の推進会議を開催しました。
2023.5.11
【関係者のみ】研究コンソーシアム「高機能リグニン」チーム3の推進会議を開催しました。
2023.2.1 - 3
グリーンマテリアル2023「グリーンマテリアル2023(2023年2月1日~3日 東京ビッグサイト)」に出展しました。山田代表が講演を行いました。
         
2023.1.30
【関係者のみ】農林水産研究推進事業委託プロジェクト研究「農林水産分野における炭素吸収源対策技術の開発」木質リグニン由来次世代マテリアルの製造・利用技術等の開発分科会 第1回運営委員会が開催されました。
2023.1.10
【関係者のみ】研究コンソーシアム「高機能リグニン」の推進会議を開催しました。
2022.11.7
【関係者のみ】研究コンソーシアム「高機能リグニン」チーム2、チーム3の推進会議を開催しました。
2022.11.1
【関係者のみ】研究コンソーシアム「高機能リグニン」チーム1の推進会議を開催しました。
2022.10.26 - 28
アグリビジネス創出フェア 2022で「木質リグニン由来次世代マテリアルの製造・利用技術等の開発」の展示発表を行いました。
2022.9.21
農林水産省 広報誌電子版 aff(あふ)で山田代表が紹介されました。
暮らしと地域を豊かに! 植物由来の「新素材」研究の最前線
  ー中山間地域に新たな産業を創る!杉を原料とする「改質リグニン」
     
aff9月号TOPページ         
             
2022.9.14 - 16
FORESTRISE 2022に出展する林野庁のブース内で、改質リグニンに関する展示を行いました。
                           
2022.9.1
化学工業日報 (9月1日) 「改質リグニン変性フェノール樹脂」に関する記事が紹介されました。
2022.6.28
日経電子版で山田代表の取り組みが紹介されました。
2022.4.14
【関係者のみ】研究コンソーシアム「高機能リグニン」情報交換会議を開催しました。
            
2022.2.10
山田代表のインタビュー記事が常陸太田市の「広報 ひたちおおた」のP12~P15へ掲載されました。
2022.1.25
【関係者のみ】農林水産研究推進事業委託プロジェクト研究「農林水産分野における炭素吸収源対策技術の開発、木質リグニン由来次世代マテリアルの製造・利用技術等の開発(脱炭素社会の実現を推進する高機能リグニン材料の開発)」の第二回運営委員会が開催されました。
2021.12.21
【関係者のみ】研究コンソーシアム「高機能リグニン」チーム2の推進会議を開催しました。
2021.12.16
【関係者のみ】研究コンソーシアム「高機能リグニン」チーム1の推進会議を開催しました。
2021.12.15
【関係者のみ】研究コンソーシアム「高機能リグニン」チーム3の推進会議を開催しました。
2021.11.24 - 26
アグリビジネス創出フェア2021に出展する林野庁のブース内で、改質リグニンに関する展示を行いました。
2021.10.28
リグニンネットワークのウェブサイトで改質リグニンジャー®オリジナルマンガ冊子のダウンロードサービスを開始しました。 改質リグニンジャー®オリジナルマンガ冊子(ダウンロード PDFファイル:3.1MB)
2021.8.27
【関係者のみ】研究コンソーシアム「高機能リグニン」再編キックオフ会議を開催しました。
2021.7.13
TBS「あさチャン!」番組内の「SDGsな未来へ ここスゴッ!発明」というコーナーのなかで改質リグニンの成果物が紹介されました。
2021.7.15 - 7.28
「Society 5.0科学博」が東京スカイツリータウン(R)にて開催され、改質リグニンの成果の一部が展示されました。
2021.6.30 - 7.30
リグニンネットワークが公開セミナーを令和3年6⽉30⽇~7月30日の間ウェブ上で公開いたしました。
2021.7.30
【関係者のみ】農林水産研究推進事業委託プロジェクト研究「農林水産分野における炭素吸収源対策技術の開発、木質リグニン由来次世代マテリアルの製造・利用技術等の開発(脱炭素社会の実現を推進する高機能リグニン材料の開発)」の第一回運営委員会が開催されました。
2021.6.1
【関係者のみ】研究コンソーシアム「高機能リグニン」チーム2の推進会議を開催しました。
2021.5.25
【関係者のみ】研究コンソーシアム「高機能リグニン」チーム1の推進会議を開催しました。
2021.5.21
【関係者のみ】研究コンソーシアム「高機能リグニン」チーム3の推進会議を開催しました。
2021.4.7
NHK NEWS おはよう日本 番組内「脱炭素へ木を活用」のなかで、改質リグニンの成果が紹介されました。 関連サイト NHK NEWS WEB ビジネス特集 クレヨンから酒まで!?「木」の使いみちが広がる意外なワケ
ニュース・イベント情報一覧