ホーム > 研究紹介 > トピックス > ニュース > ニュース 2016年 > 伊勢志摩サミットで機能性リグニンの研究成果を展示

更新日:2016年5月26日

ここから本文です。

伊勢志摩サミットで機能性リグニンの研究成果を展示

三重県志摩市で開催される「G7伊勢志摩サミット2016」における「国際メディアセンター(IMC)広報展示」において、森林総研が中心になって進めている研究コンソーシアム「SIPリグニン」の研究成果が紹介されます。

日本国内で最大量の森林資源であるスギ材から、機能性を持つリグニン(改質リグニン)を抽出する技術(Solvolysis-intensive Promotion Process : SIP process)を動画で紹介すると共に、改質リグニンのサンプルや、改質リグニンを用いて製造した製品サンプルを展示します。

   

改質リグニン製造ベンチプラント 紹介動画の一場面

改質リグニン製造ベンチプラントとその紹介動画の一場面

改質リグニンパウダー1
改質リグニンパウダー2
改質リグニンパウダー(会場にもサンプルを展示)

 

SIP-Lignin SIP-Ligninの紹介ページはこちらから

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科広報係

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8372

FAX番号:029-873-0844

Email:kouho@ffpri.affrc.go.jp