ホーム > 研究紹介 > トピックス > ニュース > ニュース 2016年 > 福島の森林における放射能研究を専門誌の特集号に

更新日:2016年6月10日

ここから本文です。

福島の森林における放射能研究を専門誌の特集号に

国際林業研究機関連合IUFROの世界大会2014では、森林総研が提案した「森林生態系の放射能汚染と木材の安全な利用」というセッションが採択され、口頭とポスターによる発表が行われました。その中から8編の論文が専門誌Journal of Environmental Radioactivity に特集として掲載されました。

特集には、森林総研から、巻頭言「森林生態系の放射能汚染:チェルノブイリから福島へ(Radioactive contamination in forest ecosystems: From Chernobyl to Fukushima)、高橋正通、Frédéric Coppin, George Shaw」、および「福島第一原子力発電所事故で影響を受けた地点や樹種の異なる森林生態系における放射性セシウムの初期沈着と動態の特徴(Characteristics of initial deposition and behavior of radiocesium in forest ecosystems of different locations and species affected by the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident)、小松雅史ほか」が掲載されています。

巻頭言は2016年6月20日まで以下のサイトから無料でダウンロードできます。

    Journal of Environmental Radioactivity 「Radioactive contamination in forest ecosystems: From Chernobyl to Fukushima(外部サイトへリンク)

 

 写真1:環境放射能の専門誌(エルゼビア社)
 環境放射能の専門誌(エルゼビア社)

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科広報係

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8372

FAX番号:029-873-0844

Email:kouho@ffpri.affrc.go.jp