ホーム > 研究紹介 > 研究成果 > 研究成果 2021年紹介分 > 新たな食材の可能性を秘めたトリュフを発見

ここから本文です。

新たな食材の可能性を秘めたトリュフを発見

2021年5月21日掲載

論文名

Tuber iryudaense and T. tomentosum: Two new truffles encased in tomentose mycelium from Japan. (ビロード状菌糸に包まれた2種の国産トリュフ:キチャセイヨウショウロとチャセイヨウショウロ)

著者(所属)

木下 晃彦(九州支所)、佐々木 廣海(菌類懇話会)、折原 貴道(神奈川県生命の星・地球博物館)、中島 稔(神奈川きのこの会)、奈良 一秀(東京大学)

掲載誌

Mycologia 2021年4月 DOI:10.1080/00275514.2021.1875709(外部サイトへリンク)

内容紹介

世界三大珍味の一つとして知られるトリュフは、セイヨウショウロ属の菌類がつくるきのこです。世界で10種以上が食材にされ、その多くが栽培されています。日本においても、3種について、栽培化を目指した取り組みを行っています。トリュフは、その香りがもてはやされていますが、その香りは種類によって異なる場合が多く、新しい種の発見は新たな食材につながる可能性を秘めています。今回、形態観察およびDNA情報の解析に基づいて、日本国内に自生するトリュフ2種を新種として発表しました。両種ともにきのこの表面はビロード状の菌糸で包まれることが特徴です。キチャセイヨウショウロ(Tuber iryudaense)は、国内1ヶ所だけしか確認されていません。一方、チャセイヨウショウロ(Tuber tomentosum)は関東以西に広く分布し、分子系統解析により、欧州や北米の食用の種と近縁であることがわかりました。このきのこは直径6cmの大きさまでになり、これまでの国産トリュフと同様に独特な香りを放ちます。今回の発見は、我が国のきのこ資源の豊富さを示しており、今後、栽培化に向けた検討とともに、さらに新たな種の探索を進めて行きたいと思います。

 

(本研究は、Mycologiaにおいて2021年4月にオンライン公開されました。)

 

写真A:キチャセイヨウショウロ 写真B:チャセイヨウショウロ

写真:新種のトリュフ
A:キチャセイヨウショウロ(Tuber iryudaense)と、B:チャセイヨウショウロ(Tuber tomentosum

お問い合わせ先

【研究推進責任者】
森林総合研究所 研究ディレクター 山中 高史
【研究担当者】
森林総合研究所 九州支所森林微生物管理研究グループ 木下 晃彦
【広報担当者】
森林総合研究所 広報普及科広報係
【取材等のお問い合わせ】
相談窓口(Q&A)E-mail:QandA@ffpri.affrc.go.jp
電話番号:029-829-8377(受付時間:平日9時30分~12時、13時~16時30分)

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8377

FAX番号:029-873-0844