文字サイズ
縮小
標準
拡大
色合い
標準
1
2
3

森林総研トップ

ホーム > 研究紹介 > 研究成果 > 研究成果

更新日:2019年9月10日

ここから本文です。

研究成果

(令和元年9月10日から掲載を休止しています。)

2019年  8月31日

研究成果

R_01_公開講演会【 研究紹介 > 研究成果 > 研究発表会等 > 公開講演会 】

【 研究紹介 > 研究成果 > 研究成果 】

 「 公開講演会 」

 日 程 : 令和元年10月5日(土曜日)午前10時20分から午後1時40分  (会場マップ(PDF:1,851KB))

 会 場 : 森林総合研究所 東北支所

2019年  8月  1日

刊行物

森林総合研究所研究報告 第18巻2号(通巻450号)【 研究紹介 > 刊行物 > 研究所発行から > 森林総合研究所研究報告 】

【 研究紹介 > 研究成果 > 研究成果 】

2019年  8月  1日

刊行物

森林総合研究所研究報告 第18巻2号(通巻450号)【 研究紹介 > 刊行物 > 研究所発行から > 森林総合研究所研究報告 】

【 研究紹介 > 研究成果 > 研究成果 】

2019年  5月22日

刊行物

カラマツ種苗安定供給のための技術開発【 研究紹介 > 刊行物 > 研究所発行から > 研究成果集 > 第4期 中長期計画成果 】

【 研究紹介 > 研究成果 > 研究成果 】

 第4期 中長期計画成果24(育種・生物機能-3)  発行日 2019年(平成31年)3月

「 カラマツ種苗安定供給のための技術開発 」

 編集・発行 森林総合研究所林木育種センター

2019年  4月  4日

刊行物

低コスト再造林に役立つ “下刈り省略手法” アラカルト【 研究紹介 > 刊行物 > 研究所発行から > 研究成果集 > 第4期 中長期計画成果 】

【 研究紹介 > 研究成果 > 研究成果 】

 第4期 中長期計画成果22(持続的林業-4)  発行日:2019年(平成31年)3月18日

「 低コスト再造林に役立つ “下刈り省略手法” アラカルト 」

 編集責任者:梶本 卓也八木橋 勉駒木 貴彰

2019年  4月  2日

刊行物

育苗中困ったなという時に -- コンテナ苗症例集 --【 研究紹介 > 刊行物 > 研究所発行から > 研究成果集 > 第4期 中長期計画成果 】

【 研究紹介 > 研究成果 > 研究成果 】

 第4期 中長期計画成果21(持続的林業-3)  平成31年3月15日発行

「 育苗中困ったなという時に ―コンテナ苗症例集― 」

 編集責任者 東北支所 支所長 梶本 卓也 他

2019年  4月  2日

刊行物

新しいコンテナ苗生産方法の提案【 研究紹介 > 刊行物 > 研究所発行から > 研究成果集 > 第4期 中長期計画成果 】

【 研究紹介 > 研究成果 > 研究成果 】<

 第4期 中長期計画成果20(持続的林業-2)  平成31年3月15日発行

「 新しいコンテナ苗生産方法の提案 」

 編集責任者 東北支所 支所長 梶本 卓也 他

2019年  4月  2日

刊行物

中山間地で広葉樹林を循環利用するためのハンドブック【 研究紹介 > 刊行物 > 研究所発行から > 研究成果集 > 第4期 中長期計画成果 】

【 研究紹介 > 研究成果 > 研究成果 】

 第4期 中長期計画成果16(持続的林業-1)  平成31年2月15日発行

「 中山間地で広葉樹林を循環利用するためのハンドブック 」

 研究担当者 東北支所 生物多様性研究グループ長 高橋 裕史 他

2019年  4月  1日

研究成果

マツノマダラカミキリにマツノザイセンチュウを保持させるための人工蛹室の開発【 研究紹介 > 刊行物 > その他の研究成果 】

【 研究紹介 > 研究成果 > 研究成果 】

  2019年3月発行

  森林産業実用化カタログ 2019 ◎ 設置しておくだけで食葉性害虫の発生量がわかる捕獲器の開発

  担当者 東北支所 磯野 昌弘 チーム長(昆虫多様性保全担当)

2019年  4月  1日

研究成果

マツノマダラカミキリにマツノザイセンチュウを保持させるための人工蛹室の開発【 研究紹介 > 刊行物 > その他の研究成果 】

【 研究紹介 > 研究成果 > 研究成果 】

  2019年3月発行

  森林産業実用化カタログ 2019 ◎ マツノマダラカミキリにマツノザイセンチュウを保持させるための人工蛹室の開発

  担当者 東北支所 前原 紀敏 生物被害研究グル-プ

2019年  4月  1日

研究成果

薬剤使用の制約に対応する松くい虫対策技術の刷新【 研究紹介 > 刊行物 > その他の研究成果 】

【 研究紹介 > 研究成果 > 研究成果 】

  2019年3月発行

  森林産業実用化カタログ 2019 ◎ 薬剤使用の制約に対応する松くい虫対策技術の刷新

  担当者 東北支所 中村 克典 生物被害研究グル-プ長

2019年  4月  1日

研究成果

ニホンジカ・カモシカ識別キット【 研究紹介 > 刊行物 > その他の研究成果 】

【 研究紹介 > 研究成果 > 研究成果 】<

  2019年3月発行

  森林産業実用化カタログ 2019 ◎ ニホンジカ・カモシカ識別キット

  担当者 東北支所 相川 拓也 チーム長(マツ材線虫病担当)

2019年  4月  1日

研究成果

細根生産量推定法の開発【 研究紹介 > 刊行物 > その他の研究成果 】

【 研究紹介 > 研究成果 > 研究成果 】

  2019年3月発行

  森林産業実用化カタログ 2019 ◎ 細根生産量推定法の開発

  担当者 東北支所 野口 享太郞 チーム長(根系動態研究担当)

2019年  4月  1日

刊行物

森林総合研究所研究報告 第18巻1号(通巻449号)【 研究紹介 > 刊行物 > 研究所発行から > 森林総合研究所研究報告 】

【 研究紹介 > 研究成果 > 研究成果 】

2018年10月2日

刊行物

木質バイオマス発電事業の安定的な拡大手法の開発【 研究紹介 > 刊行物 > 研究所発行から > 研究成果集 > 交付金プロジェクト研究 成果集 】

 森林総合研究所  交付金プロジェクト研究  成果 No.76  平成30年9月14日発行

「 木質バイオマス発電事業の安定的な拡大手法の開発 」

 研究代表者 林業経営・政策研究領域 久保山 裕史

 研究担当機関  東北支所  他

2018年10月2日

刊行物

マテリアル用国内広葉樹資源の需給実態の解明と需要拡大に向けた対応方策の提案【 研究紹介 > 刊行物 > 研究所発行から > 研究成果集 > 交付金プロジェクト研究 成果集 】

 森林総合研究所  交付金プロジェクト研究  成果 No.73  平成30年9月14日発行

「 マテリアル用国内広葉樹資源の需給実態の解明と需要拡大に向けた対応方策の提案 」

 研究代表者 林業経営・政策研究領域 チーム長(木材利用動向分析担当) 青井 秀樹

 研究担当機関  東北支所  他


研究成果

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:東北支所地域連携推進室 

〒020-0123 岩手県盛岡市下厨川字鍋屋敷92-25

電話番号:019-641-2150 (代)

FAX番号:019-641-6747

Email:www-thk@ffpri.affrc.go.jp