ホーム > イベント・セミナー > 国連気候変動枠組条約第25回締約国会合(COP25)公式サイドイベント 『熱帯における、気候変動対策とSDGs達成のための森林ベースの解決策』 “Forest based solutions in the tropics to combat climate change and for achieving SDGs”

更新日:2019年12月2日

ここから本文です。

国連気候変動枠組条約第25回締約国会合(COP25)公式サイドイベント 『熱帯における、気候変動対策とSDGs達成のための森林ベースの解決策』 “Forest based solutions in the tropics to combat climate change and for achieving SDGs”

気候変動の適応・緩和とSDGsへの貢献に資する、すなわち、森林保全、生物多様性保全、森林回復・自然再生及、生物回廊回復、サプライチェーンの改善などの森林ベースの解決策について発表し、そのポテンシャルの重要性を再認識する。ITTO事務局長、ホンジュラス環境省副大臣、ペルーのNGOで多くのREDD+プロジェクトを手掛けるNGOのAIDERのプロジェクトマネージャー、モザンビーク土地・環境・地域開発省森林局の登壇者とともに森林総合研究所の 佐藤保 森林植生研究領域長からの発表を予定している。
森林総合研究所は、本サイドイベントをITTOと共催で実施するほか、COP25会場にブースを運営し、Cookbook等の研究成果を紹介する。

開催日時

2019年12月11日  (水曜日)11時30分~13時00分

場所

名称 スペイン王国・マドリッド市 COP25 公式サイドイベント会場 Room 6

主催・共催等

主催:(国研)森林研究・整備機構森林総合研究所
共催:国際熱帯木材機関(ITTO)

内容

<プログラム>
モデレーター:井上泰子
基調講演:Gerhard Dieterle, Executive Director, ITTO
パネルディスカッション:
・佐藤 保,(国研)森林研究・整備機構 森林総合研究所 森林植生研究領域長
・Carlos Alberto Pineda Fasquelle, ホンジュラス環境副大臣
・Tiina Vahanen, Chief of Forestry Policy and Resources Division, FAO Forestry Department
・Marioldy Sanchez Santivañez, Project Manager, AIDER-Peru
・Joaquim A. Macuacua, Head of Mapping and Data Management, National Directorate of Forests, Ministry of Land, Environment and Rural Development, Mozambique
閉会

費用

無料

申込方法

事前申し込みは必要ありません。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

国立研究開発法人森林研究・整備機構 森林総合研究所 REDD研究開発センター
平田泰雅
E-mail:climate*ffpri.affrc.go.jp
(注:*は半角@に置き換えてください)